https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvYmFja3VwLW1pY3Jvc29mdC1vZmZpY2UtMzY1Lmh0bWwiLCJoYXNoIjoiYWM4MzUzNzUtZDlhYi00MzQ2LWIyYjQtZTA1OTIxMDk2ZmQ3In0

Veeam Backup
for Microsoft Office 365

  • No.1のMicrosoft Office 365向けバックアップ
    および復元ソリューション
  • Microsoft認定ゴールドパートナー
  • 9.9万社がインストール
  • 高速で使いやすく手頃な価格

Office 365データに必要な管理と保護

MicrosoftはOffice 365で強力なサービスを提供していますが、それにはOffice 365データの包括的なバックアップは含まれていません。1,000名を超えるITプロフェッショナルを対象に調査したところ、その81%が、単純なユーザーエラーや重大なデータセキュリティ脅威といった理由から、Office 365でデータ消失を経験したことがあると答えました。

Veeam® Backup for Microsoft Office 365を使用すると、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft TeamsなどのOffice 365データに対するアクセスや管理ができなくなるリスクを排除し、データが常に保護され、データにアクセス可能な状態を保つことができます。

ユーザーが10名の場合、Community Editionをお試しください
この簡単なデモ動画で、Veeamを使用してOffice 365 Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Businessのデータをバックアップおよび復元する方法をご覧ください。

Office 365のバックアップが必要な理由

Microsoft Office 365を使用すると、メール、ファイル、およびSharePointインフラストラクチャを自社でホストする必要がなく、いつでもどこでも作業ができます。Microsoftがインフラストラクチャをホストするとはいえ、ユーザーが行うべき、ビジネスに不可欠なOffice 365データのバックアップを肩代わりしてくれるわけではありません。

Office 365を使用していても、データはあくまでユーザーが管理するユーザー自身のもので、それを保護するのもユーザーの責任です。

機密性の高いクラウドデータの60%がOfficeドキュメントで保存されており、そのうちの75%がバックアップされていないことをご存知ですか?Veeam Backup for Microsoft Office 365により、オンプレミス、ハイパースケールクラウド、サービスプロバイダーなどのあらゆる場所にOffice 365を安全にバックアップできるほか、以下も可能になります。

  • 意図せぬ削除やセキュリティの脅威、そして保持ポリシーのギャップからOffice 365データを保護
  • 業界をリードする柔軟な復元で、Office 365の個々のメール、ファイル、サイトを迅速にリストア
  • Office 365アイテムの効率的なeDiscoveryで法的要件とコンプライアンス要件に対応
お客様とMicrosoftの間の明確な責任の分担
		お客様とMicrosoftの間には明確な責任の分担があります。ブログ記事を全て読む

初心者のためのOffice 365バックアップ

Microsoft Office 365データを保護するためのベストガイド

Office 365のバックアップは必要不可欠

Office 365の確実な保護にはバックアップ機能の強化が必要不可欠です

Office 365のバックアップが必要な6つの理由

組織がOffice 365データの保護を必要とする理由

Office 365データは、オンプレミスにもクラウドにも保存可能

Veeamでは、Office 365データの保存先として、特定のストレージに縛られることはありませんAWS S3、Azure Blob、IBM Cloud、S3互換のプロバイダといったクラウドのオブジェクトストレージやオンプレミスを問わず、お好きな場所に保存することができます。

お客様によっては、Office 365バックアップの保存先としてオンプレミスを選択されることもあります。これは利用可能なローカルストレージに余裕がある場合は非常に便利ですが、多くのお客様はパブリッククラウドを好まれます。パブリッククラウドは、低コストかつ導入も簡単で、無制限に拡張できるため、Office 365バックアップに最適な保存先となっています。Office 365バックアップの保存先を決めるときは、必要なオプションが揃っていることを確認してください。

  • バックアップ
  • リストア
  • eDiscovery

Office 365 SharePoint、メール、ファイルをあらゆる場所に
バックアップ

バックアップの最も単純な形は、データのコピーを作り、それを元のデータとは別に保管するというものです。これによりリスクが軽減され、必要な時にリストアできるという安心感を得られます

  • Office 365のクラウドベースのインスタンスからOffice 365 Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft Teamsのデータを取得して個別にバックアップを作成。処理は5分間隔で行われ、Microsoftのネイティブな形式であるExtensible Storage Engine(ESE)を基盤としたアーカイブデータベース(別名Jet Blueデータベース)を使用
  • ExchangeとSharePointをオンプレミスでバックアップして、お客様が利用するデータセンターへの影響を低減。さらにお客様自身でバックアップの頻度とタイミングを設定可能
  • Exchange OnlineやSharePoint Online内にジャーナリングされるMicrosoft Teamsのデータと同じように、Microsoft Teamsのチャット、ファイル、サイトで投稿および共有されたデータを保護
VeeamバックアップからのOffice 365クラウドの復元
		Office 365 Exchange Online、SharePoint、およびOneDrive for Businessのデータのバックアップを作成

業界をリードする技術でOffice 365を柔軟にリストア

信頼性に妥協しない、きめ細かな復元をほんの数クリックで実現。Office 365のメールボックスとメール、SharePointサイト、ドキュメント、ライブラリ、およびリスト、さらにOneDrive for Businessのアカウントやファイル、フォルダにも対応します。

組み込みのVeeam Explorers™ for Microsoft Exchange、Veeam Explorers™ for SharePointおよびVeeam Explorers™ for OneDrive for Businessでは以下のことができます。

  • Microsoft Teamsのデータをはじめ、保護されているOffice 365バックアップのコピー内に存在する個々のオブジェクトをすばやく探し出し、きめ細かに復元
  • 業界をリードする数々の手法を駆使してOffice 365のアイテムを直接リストアできる、抜群の柔軟性
お客様のビジネスの特定の復元ニーズに対応した25通り以上の選択肢から選べる、Office 365バックアップからのリストア

Office 365データの強力なeDiscoveryを活用

簡単にアクセスできるデータのコピーがない場合、規制やコンプライアンス上の理由でOffice 365メールの取得に費用と時間がかかり、ビジネスが長時間中断されてしまう場合があります。

Veeamを使用すると、使い慣れた高度な検索機能と、柔軟な復元およびエクスポートのオプションで、Office 365メールボックスやメール、ファイル、サイトに対してeDiscoveryを実行できます。これは、従来のオンプレミスのデータバックアップで実行する操作と同様に簡単です。

お客様にとっての真の問題を解決

Veeamはお客様の声を製品開発に活かし、繰り返し改善を進めていく手法に誇りを持っています。Veeamコミュニティフォーラムがいかに有益な場所であるかを是非ご自身の目でお確かめください。お客様からのフィードバックが最新の製品イノベーションに直接取り入れられている優れた事例を3つご紹介します。

ソリューションユースケース

Office 365のセキュリティ要件とコンプライアンス要件に対応

Office 365のセキュリティ要件とコンプライアンス要件に対応

セキュリティやコンプライアンスに対する懸念は、メールをはじめとするOffice 365データのバックアップの必要性を高める要因となっています。Office 365のバックアップでは以下のことが可能です。

  • 規制やコンプライアンスの要件に応じた長期間の保持ポリシーに基づいてデータを保存
  • きめ細かい高度な検索機能により、必要なデータを正確に復元
  • マルチファクター認証でOffice 365バックアップデータのセキュリティを向上

効率的な拡張とオーバーヘッドの最小化

効率的な拡張と
オーバーヘッドの最小化

Veeam Backup for Microsoft Office 365はきわめて高いスケーラビリティを提供します。マルチリポジトリ、マルチテナントのアーキテクチャにより、以下を可能にします。

  • リポジトリの自動スケールアウトによりファイルサイズ制限の問題を排除するなど、大規模なOffice 365環境を単一のインストールで保護
  • サービスプロバイダーによるOffice 365バックアップサービスの提供を可能に
  • 全機能でのPowerShellおよびRESTful APIのサポートによる包括的な自動化と、サービスプロバイダーの顧客向けのセルフサービスリストア機能によって、オーバーヘッドを最小限に抑え、復旧時間を短縮し、コストを削減

Office 365のセキュリティ要件とコンプライアンス要件に対応

ハイブリッドなOffice 365環境の管理

Office 365のメールやSharePointのデータを管理するには、Office 365と、ExchangeおよびSharePointのオンプレミスインスタンスの両方に対応できるソリューションが必要です。

  • メールとSharePointのハイブリッド環境の保護、およびOffice 365とオンプレミスのExchangeの間でのメールボックスデータの移行を可能に
  • Office 365データの整合性のあるバックアップの作成を可能にすることで、eDiscoveryとアイテムレベルのリストアを合理化
  • Office 365の固有のバージョンやローカライズバージョン(Office 365 U.S.、Government(DoDおよび非DoD)、Office 365 Germany、Office 365 Chinaなど)をバックアップ

Office 365データ保護の明確なマーケットリーダー

Veeamは組織がOffice 365データを保護し、いつでも使用できる状態にできるよう支援しています
9.9万+

製品ダウンロード

1千万+

メールボックスの保護

成功事例

Columbia Power & Water Systems

公益企業でもMicrosoft Office 365データをVeeamで管理しています

詳細を見る

College Success Foundation

CSFはOffice 365、Azure、そしてVeeamにより、恵まれない学生の貧困サイクルを打ち破ります

今すぐ読む

Drenthe College(ドレンテカレッジ)

Drenthe College(ドレンテカレッジ)はメール履歴データの保護にVeeam for Microsoft Office 365を利用しています

今すぐ読む

何かお困りですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカルサポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えをお調べいただけます

Veeamコミュニティフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。
vector.svg

Veeam Backup for Microsoft Office 365にご興味をお持ちいただき、
誠にありがとうございます。

メールをご確認のうえ、検証用リンクに従ってください。

製品のダウンロードは、検証後にご利用いただけます。

We're working on it please try again later