セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2の新機能

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2を使用すると、Exchange、SharePoint、OneDrive for Businessのバックアップと復元によりOffice 365データを管理できます。Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2で新たに導入された主な特長と機能のリストを以下の通りご紹介します。

全般

  • バックアップおよび復元の自動化のためのPowerShellおよびREST APIの完全サポート。組み込みのVeeam Explorers™の全ての機能も含まれます。
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365 の設定中の個別のコンポーネント・インストール
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365コントローラおよびプロキシ・サーバー向けの拡張ロギング・サポートにより、特定の操作に関する詳細なデータを収集、エクスポートしてトラブルシューティングを簡素化。
  • アップデートの確認オプションをUIに追加。Veeam Backup for Microsoft Office 365で使用可能なアップデートについて、自動通知を表示します。
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365コンソールとVeeam Explorers UIでカラー・スキームを選択できるようになりました。
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365のサービスおよびプロキシの自動チェックおよびアップデート機能。

Microsoft Office 365 SharePoint Onlineと
オンプレミスのSharePoint

  • オンプレミスのインフラストラクチャ、ハイブリッドのインフラストラクチャ、およびSharePoint Online向けのデータ保護
  • SharePoint Onlineサイト、個人サイトおよびグループ・サイト向けの柔軟なバックアップと復元オプション。以下が含まれます。
    • SharePointのクラシック・テーマとモダン・テーマ
    • SharePointオブジェクトのアクセス許可
    • マスター・ページ、発行ページ、Wikiページ
  • Veeam Explorer for Microsoft SharePoint
    • SharePointのサイト、ライブラリ、リスト、およびドキュメントをSharePoint Onlineに復元
    • SharePointのサイト、ライブラリ、リスト、およびドキュメントをオンプレミスのSharePoint Onlineに復元
    • SharePointオブジェクトを添付ファイルとして電子メールで送信
    • SharePointオブジェクトをファイルとして保存
    • 複数のSharePointオブジェクトをZIPで保存
    • オブジェクトを以前のバージョンに復元
    • SharePointオブジェクトをテナント向けに復元(サービス・プロバイダーの機能)
    • カスタム・リスト・テンプレートの復元

Microsoft Office 365 OneDrive for Business

  • Microsoft OneDrive for Business向けのデータ保護
  • Office 365 OneDrive for Businessアカウントの迅速で効率的なバックアップと復元。以下が含まれます。
    • OneDriveユーザーおよびグループ
    • 属性の拡張と共有アクセス
    • Microsoft OneNoteノートブック
  • Veeam Explorer for Microsoft OneDrive for Business
    • ユーザー、フォルダ、またはファイル(OneNoteノートを含む)をOneDrive for Businessに復元
    • OneDrive for Businessファイルを添付ファイルとして電子メールで送信
    • OneDrive for Businessファイルおよびフォルダを保存
    • 複数のファイルやフォルダをZIPで保存
    • あらゆるファイルを以前のバージョンに復元
    • ユーザー、フォルダ、またはファイルを復元して上書き
    • 元のユーザー、フォルダ、またはファイルを復元して維持
    • 拡張された属性やカスタム・アクセス・コントロールを用いた復元
    • 拡張された属性やカスタム・アクセス・コントロールを用いない復元
    • OneDrive for Businessファイル、フォルダ、またはユーザーをテナント向けに復元(サービス・プロバイダーの機能)
    • Microsoft Teamsに存在するデータを復元* 

* Microsoft Teamsは、Microsoft Teamsの土台となるストレージがSharePoint Online内またはExchange Online内にある場合に保護できます。データは保護や復元が可能ですが、Teamsのタブとチャネルは保護や復元ができません。アイテムを復元したら、手動で再度添付できます。

その他の復元機能

  • Veeam Explorer for Microsoft Exchangeのメールボックスの比較と復元:本番環境とバックアップ・コピー間でフォルダ全体またはメールボックスを比較し、見つからないもの、変更されたものだけを本番環境に復元できます。
  • 組み込みのVeeam Explorersによって実行されるあらゆる操作の完全なセッション・ロギング:バックアップ・リストア、エクスポート、コンプライアンスおよび監査目的のアクティビティの確認に対する詳細な監査が即座に提供されます。
  • 特定の時点の状態の確認機能がMail Backup as a Serviceの導入で使用できるようになり、 組み込みのVeeam Explorersのいずれかでテナントのバックアップを確認できるようになりました。テナントは、いずれかの時点を選択してその時点のデータを表示できます(サービス・プロバイダーの機能)。
  • eDiscovery:Cloud Connect経由でサポートされるようになりました。ユーザー・テナントのExchange、SharePoint、およびOneDriveのアイテムによって削除または変更されたものを検索します(サービス・プロバイダーの機能)。

バックアップの柔軟性と
バックアップ・オプションの強化

  • バックアップ・ジョブを作成する際に、個々のユーザー、ユーザーのグループ、または組織全体を選択できる機能。
  • Office 365のセキュリティ・グループおよびディストリビューション・リストのサポートとハイブリッドなシナリオ向けの動的ディストリビューション・グループのサポート。
  • Office 365グループ・メールボックスのサポート。
  • オンプレミスのジャーナリング・メールボックスのバックアップ。