Veeam Backup for Microsoft Office 365の新機能

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3の
新機能

Veeam® Backup for Microsoft Office 365 v3では、Exchange、SharePoint、OneDrive for Businessのバックアップと復元でOffice 365のデータを管理することができます。以下は、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3で導入された主な新機能のリストです。
SharePoint OnlineとOneDrive for Businessのバックアップ機能拡張
  • SharePoint Change APIを活用して、SharePoint OnlineおよびOneDrive for Businessの増分バックアップ・ウィンドウを数分あるいは数秒に短縮することで、SharePoint OnlineとOneDrive for Businessのバックアップを最大30倍高速化します。このバックアップ速度の劇的な向上により、はるかに優れたRPOを実現でき、SharePointとOneDrive for Businessのバックアップをより頻繁に行うことができます。
  • SharePointとOneDrive for Businessのアイテムを保存するにあたり、リポジトリ・データベースを最適化することで、バックアップ・リポジトリのサイズを大幅に縮小できます。
  • 新しいアイテムをバックアップに含める/含めないを選択するオプションによってSharePoint Onlineのバックアップ柔軟性を実現します。組織内の個人用サイトについて、バックアップに含める/含めないという選択を、GUIやPowerShell、RESTful APIから一括で行えるようになりました。
  • OneDrive for Businessのバックアップのきめ細かい設定により、PowerShellやRESTful APIを使用して、OneDriveの特定のフォルダをバックアップに含める/含めないという選択ができるようになりました。
Office 365の組織管理とセキュリティ
  • マルチファクター認証のサポートにより、Office 365のバックアップとリストアのセキュリティが向上。Microsoftの先進認証サポートにより、マルチファクター認証(MFA)としてOffice 365で有効なサービス・アカウントを組織に追加することができます。MFAは、Azure Active DirectoryとOffice 365のベースライン・セキュリティ・ポリシーであり、Office 365の既定の認証方法です。複数の検証方法をOffice 365のユーザー・アカウントに利用することで、セキュリティを強化することができます。MFA対応アカウントを使用するために、Veeam Backup for Microsoft Office 365は、Azure Active Directoryカスタム・アプリケーションを利用します。このとき、サービス・アカウント名およびアプリケーションのパスワード(MFAの有効化の際に作成されたもの)のほか、アプリケーションのシークレットとアプリケーションの証明書のいずれかを使用します。マルチファクター認証のサポートによって、安全なバックアップの作成と安全なリストアの実行を実現するために、MFA対応アカウントを使用した、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3によるOffice 365への安全な接続が可能になります。
  • Exchange OnlineやSharePoint Onlineの専用サービス・アカウントを含む、Office 365組織内の各サービスを柔軟に保護。プラン1やプラン2などのあらゆるOffice 365プランに対応するため、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3では柔軟性が強化されました。これにより、Office 365組織内の特定のサービスの保護が可能になります。企業は、Exchange Onlineサービス、SharePoint Onlineサービス(OneDrive for Businessを含む)、またはその両方を排他的に保護できるようになりました。
    また、管理のセキュリティをさらに強化するために、同じサービス・アカウントまたは異なるサービス・アカウントを使用して、Office 365組織のExchange Online部分やSharePoint Online部分に接続することができます。この機能により、Office365のバックアップとリストアに必要な権限のきめ細かい制御が可能になります。この権限は、各専用アカウントに付与されます。
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365コンポーネントのインターネット・プロキシのサポートにより、セキュリティ要件や現地の法律に対応できるよう支援します。インターネット・プロキシ設定は、GUIやPowerShell、RESTful APIを使用して、バックアップ管理サーバーやそのリモート・バックアップ・プロキシ向けにカスタマイズすることができます。柔軟な設定によって、インフラストラクチャ内のインターネット・プロキシの使用状況について、まさにあらゆるシナリオを可能にします。
Office365のデータ保護の可視性と管理
  • 組み込みのOffice 365データ保護レポートにより、Office 365のデータ保護を可視化できます。組み込みレポートには以下の3つがあり、それぞれ製品のGUI、PowerShell、RESTful APIから、PDF形式およびCSV形式で生成できます。

    ライセンス概要レポート
    :組織内の保護対象の各ユーザーに使用されているライセンスの詳細情報と、ライセンスの使用状況の上位5つの組織が表示されます。

    ストレージ消費レポート
    :選択した組織のリポジトリで消費されているストレージの量と、ストレージ使用状況の上位5つのリポジトリが示されます。このレポートに使用される履歴データは、セッション履歴の保持設定に従って維持されます。

    メールボックス保護レポート
    :選択した組織の保護されたユーザーのメールボックスと、保護されていないユーザーのメールボックスに関する情報が全て示されます。
  • バックアップされたオブジェクトをRESTful APIで可視化することで、特定のバックアップ・リポジトリに格納されている組織、ユーザー、グループ、サイトなどのオブジェクトを識別できるようになります。
  • RESTful APIやPowerShellによるテナントごとのストレージ消費量は、サービス・プロバイダーを考慮に入れて設計されており、特定のリポジトリでテナント組織が消費する領域を識別することができます。
  • 新しいPowerShellコマンドレットを使用することで、誤って消費されたり、不要なユーザーに割り当てられたりしたライセンスをすぐに取り消すことができます。31日間待つ必要はありません。
  • ライセンスを消費しているユーザーを特定することで、RESTful APIやPowerShellを使用してライセンスを可視化することができます。
リポジトリの機能と機能拡張
  • スナップショット・ベースの保持により、利用可能な保持タイプを、イメージレベルのバックアップが機能する方法と似たアプローチに拡大します。この保持タイプでは、バックアップされたアイテムが格納されている最後のリストア・ポイントが保持期間を超過すると、それらのアイテムはリポジトリから削除されます。Veeam Backup for Microsoft Office 365の既定の保持タイプは、従来のドキュメント・アーカイブの機能と似ており、現在は「アイテム・レベルの保持」と呼ばれています。保持タイプはリポジトリごとに設定され、一度適用されると変更できません。
  • リポジトリ・サイズの予測が、新しいPowerShellコマンドレットを使用して実行できるようになりました。きめ細かいパラメータによって、組織全体のバックアップや、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Businessの一部のオブジェクト(アーカイブ・メールボックスや個人用サイトなど)のバックアップに必要なリポジトリのサイズを見積もることができます。
  • 自動スケールするリポジトリ・データベースによって、年間64 TBというMicrosoftのExtensible Storage Engine(ESE)のファイル・サイズ制限を解決することで、大規模な環境のストレージ管理が容易になります。制限に達すると、リポジトリに新しいデータベースが自動的に作成され、新しいリポジトリを手動で管理する必要がなくなります。
バックアップとリストアの機能拡張
  • OneNoteアイテムのリストア機能の強化により、OneNoteファイルをネイティブ・サーバー形式でリストアでき、ページ・バージョンもサポートされます。
  • バックアップ・ジョブ・ウィザードの検索オプションが拡張され、表示名、電子メールのエイリアス、オフィスの場所などのパラメータで、組織内のオブジェクト検索を実行できるようになりました。
  • オンデマンドのバックアップ・ジョブでは、スケジュールなしでバックアップ・ジョブを作成でき、その後必要に応じて実行できるようになりました。
全般
  • 組織の名称変更機能は、サービス・プロバイダーを考慮して設計されており、Veeam Backup for Microsoft Office 365コンソールに表示される複数のテナント組織に対して、GUIやPowerShell、RESTful APIを使用してそれぞれにカスタム名を設定することで、見た目のわかりやすさを維持することができます。
  • アップグレード・ウィザードのGUIも強化され、製品のアップデートの最新のステータスがさらにわかりやすくなりました。

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2の
新機能

全般
  • バックアップおよび復元の自動化のためのPowerShellおよびREST APIの完全サポート。組み込みのVeeam Explorers™の全ての機能も含まれます。
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365 の設定中の個別のコンポーネント・インストール
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365コントローラおよびプロキシ・サーバー向けの拡張ロギング・サポートにより、特定の操作に関する詳細なデータを収集、エクスポートしてトラブルシューティングを簡素化。
  • アップデートの確認オプションをUIに追加。Veeam Backup for Microsoft Office 365で使用可能なアップデートについて、自動通知を表示します。
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365コンソールとVeeam Explorers UIでカラー・スキームを選択できるようになりました。
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365のサービスおよびプロキシの自動チェックおよびアップデート機能。
Microsoft Office 365 SharePoint OnlineとオンプレミスのSharePoint
  • オンプレミスのインフラストラクチャ、ハイブリッドのインフラストラクチャ、およびSharePoint Online向けのデータ保護。
  • SharePoint Onlineサイト、個人サイトおよびグループ・サイト向けの柔軟なバックアップと復元オプション。以下が含まれます。
    • SharePointのクラシック・テーマとモダン・テーマ
    • SharePointオブジェクトのアクセス許可
    • マスター・ページ、発行ページ、Wikiページ
  • Veeam Explorer for Microsoft SharePoint
    • SharePointのサイト、ライブラリ、リスト、およびドキュメントをSharePoint Onlineに復元
    • SharePointのサイト、ライブラリ、リスト、およびドキュメントをオンプレミスのSharePoint Onlineに復元
    • SharePointオブジェクトを添付ファイルとして電子メールで送信
    • SharePointオブジェクトをファイルとして保存
    • 複数のSharePointオブジェクトをZIPで保存
    • オブジェクトを以前のバージョンに復元
    • SharePointオブジェクトをテナント向けに復元(サービス・プロバイダーの機能)
    • カスタム・リスト・テンプレートの復元
Microsoft Office 365 OneDrive for Business
  • Microsoft OneDrive for Business向けのデータ保護。
  • Office 365 OneDrive for Businessアカウントの迅速で効率的なバックアップと復元。以下が含まれます。
    • OneDriveユーザーおよびグループ
    • 属性の拡張と共有アクセス
    • Microsoft OneNoteノートブック
  • Veeam Explorer for Microsoft OneDrive for Business
    • ユーザー、フォルダ、またはファイル(OneNoteノートを含む)をOneDrive for Businessに復元
    • OneDrive for Businessファイルを添付ファイルとして電子メールで送信
    • OneDrive for Businessファイルおよびフォルダを保存
    • 複数のファイルやフォルダをZIPで保存
    • あらゆるファイルを以前のバージョンに復元
    • ユーザー、フォルダ、またはファイルを復元して上書き
    • 元のユーザー、フォルダ、またはファイルを復元して維持
    • 拡張された属性やカスタム・アクセス・コントロールを用いた復元
    • 拡張された属性やカスタム・アクセス・コントロールを用いない復元
    • OneDrive for Businessファイル、フォルダ、またはユーザーをテナント向けに復元(サービス・プロバイダーの機能)
    • Microsoft Teamsに存在するデータを復元* 

* Microsoft Teamsは、Microsoft Teamsの土台となるストレージがSharePoint Online内またはExchange Online内にある場合に保護できます。データは保護や復元が可能ですが、Teamsのタブとチャネルは保護や復元ができません。アイテムを復元したら、手動で再度添付できます。

その他の復元機能
  • Veeam Explorer for Microsoft Exchangeのメールボックスの比較と復元:本番環境とバックアップ・コピー間でフォルダ全体またはメールボックスを比較し、見つからないもの、変更されたものだけを本番環境に復元できます。
  • 組み込みのVeeam Explorersによって実行されるあらゆる操作の完全なセッション・ロギング:バックアップ・リストア、エクスポート、コンプライアンスおよび監査目的のアクティビティの確認に対する詳細な監査が即座に提供されます。
  • 特定の時点の状態の確認機能がMail Backup as a Serviceの導入で使用できるようになり、 組み込みのVeeam Explorersのいずれかでテナントのバックアップを確認できるようになりました。テナントは、いずれかの時点を選択してその時点のデータを表示できます(サービス・プロバイダーの機能)。
  • eDiscovery:Cloud Connect経由でサポートされるようになりました。ユーザー・テナントのExchange、SharePoint、およびOneDriveのアイテムによって削除または変更されたものを検索します(サービス・プロバイダーの機能)。
バックアップの柔軟性とバックアップ・オプションの強化
  • バックアップ・ジョブを作成する際に、個々のユーザー、ユーザーのグループ、または組織全体を選択できる機能。
  • Office 365のセキュリティ・グループおよびディストリビューション・リストのサポートとハイブリッドなシナリオ向けの動的ディストリビューション・グループのサポート。
  • Office 365グループ・メールボックスのサポート。
  • オンプレミスのジャーナリング・メールボックスのバックアップ。