ホワイトペーパー
March 4, 2020

IaaSのデータ保護による責任共有リスクの軽減

登録して読む

登録することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.

IaaSのデータ保護による責任共有リスクの軽減

皆様の企業では、テクノロジーの停止に伴う収益や生産性の損失が発生しても平気ですか?競争の激しい市場において、そのような企業はほとんどありません。ITプロフェッショナルの多くは、ビジネスのダウンタイムという問題は、ワークロードをクラウドに移動さえすれば対処できるはずだと考えています。これは、クラウドプロバイダのセンターにある顧客のデータは、当然、クラウドプロバイダが保護してくれるだろうと考えているためです。しかし、実際は、企業のデータを保護するためにクラウドプロバイダができることには限りがあり、基盤となるインフラストラクチャに対してのみ責任を負うクラウドプロバイダがほとんどです。このようなバックアップ手法は、停止や障害発生時のデータ保護に適切な手段としては設計されていません。こちらのホワイトペーパーでは、クラウドのデータ保護に対する企業の責任についてご説明します。

  • 多数のクラウドプロバイダが採用している一般的な責任共有モデルなど、IaaSパブリッククラウド環境におけるデータ保護の必要性について
  • バックアップと復元の戦略として、クラウドプロバイダを利用するだけでは不十分な理由
  • 責任共有モデルが災害復旧とセキュリティの両方に与える影響とは
  • その他