Kasten K10

No.1のKubernetesデータ保護ソリューション

K10の無償版を使用する

10ノードが永久無償

Kubernetesネイティブのデータ管理

クラウドネイティブの導入が急激に進むなか、Kubernetesは成長が最も著しいインフラストラクチャプラットフォームとなり、選ぶべき次のエンタープライズプラットフォームに発展していくとみられます。Kubernetesはアプリケーションサービスのハイアベイラビリティとスケーラビリティを提供していますが、これらの利点はユーザーのデータまでには広がっていないため、Kubernetesアプリケーションのデータ管理は非常に重要度の高いタスクとなっています。Kasten K10 by Veeam®は、使いやすく拡張性と安全性に優れたシステムで、バックアップやリストア、ディザスタリカバリ、アプリケーションモビリティを可能にします。

Kubernetesネイティブのデータ管理が必要な理由 

Kubernetesプラットフォームは、以前のコンピューティングインフラストラクチャとは根本的に異なります。アプリケーションコンポーネントの配布には独自の配置ポリシーを使用し、コンテナの再スケジュールやスケールも動的に行えます。また、新しいアプリケーションコンポーネントの追加や削除もいつでも行うことができます。

データ管理ソリューションは、このクラウドネイティブなアーキテクチャパターンを理解し、IPアドレスの安定性がない状態でも機能できなければなりません。また、絶え間ない変化にも対応できる必要があります。

Kasten K10は、Kubernetes専用に設計。使いやすく拡張性と安全性に優れたシステムで、Kubernetesアプリケーションのバックアップやリストア、ディザスタリカバリ、モビリティを可能にします。

Kasten K10はKubernetesエコシステムと統合します
Kubernetesネイティブの
導入をサポート
アプリケーションを動的に、継続的に拡張
DevOpsとシフトレフト環境が可能

Kubernetesのバックアップ、ディザスタリカバリ、
モビリティを容易に

  • バックアップとリストア
  • ディザスタリカバリ
  • アプリケーションモビリティ

真にKubernetesネイティブなバックアップソリューションで、クラウドネイティブのアプリケーションやビジネスクリティカルなデータを保護しましょう。 

アプリケーションを包括的に保護

リソース定義や設定、基になるデータなど、アプリケーションスタック全体を自動でキャプチャして保護します。

ポリシーベースによるバックアップの自動化と監視

自動で検出されたアプリケーションに適用される動的ポリシーで、大規模なバックアップを管理。データ管理のコンプライアンス状況も監視でき、是正措置も簡単に行えます。

アプリケーション固有の保護

ボリュームレベルの保護では不十分な場合は、Kanisterブループリントでワークフローを拡張すればアプリケーション固有の運用も可能です。

自動ポリシーを使用すると、バックアップをオフサイトに安全にレプリケートする方法を管理できるほか、ビジネス要件や法的要件にも対応できます。

信頼性の高い自動ワークフロー

DRワークフローは堅牢性に優れ、事前にスケジュールすることもオンデマンドで実行することも可能。実行状況も監視できます。

自動のインポートとリストア

アプリケーションのエクスポートが新たに生成された場合は、アプリケーションの変更内容を自動でインポートしてDRクラスターにリストアします。

アプリケーション固有のDR

ボリュームレベルの保護では不十分な場合は、Kanister BlueprintでDRワークフローを拡張すればアプリケーション固有の運用も可能です。

アプリケーション全体をクラウドやオンプレミス間で移動して、テストや開発、負荷分散、アップグレードに利用できます。

信頼性の高い自動ワークフロー

堅牢性に優れ、事前にスケジュールすることもオンデマンドで実行することも可能なワークフローで、カスタムのスクリプトを必要とせずにアプリケーションを移行できます。実行状況の監視も簡単です。

インフラストラクチャポータビリティ

必要に応じて各インフラストラクチャフォーマット間でシームレスにデータを変換できるため、パブリックまたはプライベートの様々なクラウドインフラストラクチャで移行が可能です。

環境分離

非フェデレーションクラスター間での移行もできるので、より高度な環境分離や運用の制御が可能です。

価格とパッケージ

Veeamは、ご利用のKubernetesの使用状況に合うライセンス構造でシンプルです。

Kubernetes Backup and DR with Kasten by Veeamは、1年、3年、5年の年単位のサブスクリプションでご利用いただけます。サブスクリプションの年数が長いほど、割引率が高くなります。Kasten K10 Enterprise Editionのライセンスは、Kubernetesのワーカーノード単位で販売されています。24時間365日のプロダクションサポートをご利用いただけます。その他のオプションについては営業担当までお問い合わせください。

FAQ

Kasten K10 by Veeamとはどのような製品ですか?
Kasten K10は、Kubernetes専用に設計されたデータ管理プラットフォームです。使いやすく拡張性と安全性に優れたシステムで、Kubernetesアプリケーションのバックアップやリストア、ディザスタリカバリ、モビリティを可能にします。
Kasten K10ではどのストレージが必要ですか? 
Kasten K10でサポートするのは、オンプレミスまたはクラウドにあるファイル、ブロック、オブジェクトストレージです。Kasten K10はコンテナ・ストレージ・インターフェイス(CSI)を通してストレージと連動します。また、効率を重視して、ストレージと直接統合することも可能です。
Kasten K10ではどのデータサービスがサポートされますか? 
Kasten K10には、リレーショナルシステムやNoSQLシステムをはじめとした主要なデータソースとの事前審査された統合が搭載されています。
Kasten K10ではどのKubernetesディストリビューションがサポートされますか?
Kasten K10には、上流のKubernetesディストリビューションのほかに、パブリッククラウドやオンプレミスの主要なマネージドディストリビューション(Amazon EKS、Red Hat OpenShift、VMware Tanzuなど)との事前審査された統合が搭載されています。
Kasten K10のインストール操作は難しいですか?
Kasten K10は、ご利用のKubernetesクラスター上で、独自のネームスペースで稼働します。インストールにはhelmコマンドのみ使用します。Kasten K10では、主要なKubernetesディストリビューションとのマーケットプレイス統合もサポートしており、ボタンをクリックするだけでインストールと請求を行うことができます。プライベートネットワークやプライベートサイト用に、物理的に隔離されたインストールもサポートしています。
Kasten K10ではどのインターフェイスを利用できますか?
Kasten K10では、最新鋭のCLI、直感的なGUI、そしてクラウドネイティブのAPIを搭載しています。グラフィカルなダッシュボードで、クラスター全体のアプリケーションのコンプライアンス状況をまとめて確認できるだけでなく、データ管理機能も簡単に制御することができます。利用できる機能はログイン情報に基づいています。再利用可能なCLIの階層リンクを使用すれば、グラフィカルインターフェイスとkubectlでの操作を簡単に切り替えることができます。もちろん、ダークモードもサポートされています。
Kasten K10ではどのようなセキュリティを採用していますか?
Kasten K10では、OIDCやトークンなど、様々なユーザー認証方法をサポートしています。また、非常に細かいロールベースのアクセス制御(RBAC)にも対応しており、然るべきユーザーが適切な操作を行ったり、マルチテナント環境をサポートしたりできます。バックアップデータは、転送後も転送中も暗号化されますが、独自の暗号化キーを使用することも可能です。K10は、クラスター上の最小限のフットプリントで稼働します。また、きめ細かいアクセス制御権をK10自体に割り当てることもできます。
Kasten K10の自動アプリケーション検出はどのような仕組みで機能しますか?
Kasten K10はKubernetesとネイティブに統合しているため、クラスター上で稼働している全てのアプリケーションコンポーネントを自動で検出し、Kubernetesアプリケーションを原子性の単位で扱います。Kubernetesアプリケーションには、ストレージボリュームやデータベース(NoSQL/リレーショナル)にまたがる状態や、ConfigMapやSecretなどのKubernetesオブジェクトに含まれる設定データが含まれます。
Kasten K10では、マルチクラスター管理はサポートされますか?
Kasten K10のマルチクラスターダッシュボードでは、クラスターやポリシー、アプリケーションの合計数などをはじめとした重要なパラメータについて、リアルタイムの状態をまとめて簡単に確認することができます。さらに、グローバルポリシーを定義して、それらを選択してクラスターグループに適用することもできます。自動化を利用することで、大規模なバックアップの管理も簡単に行えます。

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます