https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbmV3cy92ZWVhbS11bnZlaWxzLW5ldy1iYWNrdXAtc29sdXRpb25zLWZvci1taWNyb3NvZnQtY2xvdWQtcGxhdGZvcm1zLmh0bWwiLCJoYXNoIjoiOTE4NmVlNjgtMzliZi00MTAwLTk2MzEtMjBkNWQ2ZWQ5YTc0In0

Veeam、Microsoft Cloud Platform向けバックアップソリューションを発表

Veeam Backup for Microsoft Office 365の新バージョンを発表業界初となるクラウドコスト試算ツールを備えたVeeam Backup for Microsoft Azureのプレビューを実施

抄訳※米国 11月4日発表。 クラウド・データ・マネジメントを実現するバックアップソリューションのリーダー企業であるVeeam® Software(本社:スイス、バール 以下 Veeam)は、Microsoft Ignite 2019(米国フロリダ州オーランドで開催)で、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v4パブリックベータ版のリリースを発表しました。あわせて、Microsoft Azureのワークロード向けの新しいクラウドネイティブなデータ保護ソリューションVeeam Backup for Microsoft Azureのプレビューを公開。Veeamのクラウド戦略を実現する新ソリューションにより、Microsoftユーザーに、データ保護の強化、拡張性、クラウドベースのデータ管理の強化を新たに提供します。

Office 365では、Office 365インフラストラクチャのアップタイムの責任はMicrosoftが負っています。一方で、データのバックアップと管理は、ユーザーの責任です。Veeam Backup for Microsoft Office 365 v4は、MicrosoftのAzure Blob Storageとの直接統合を実現します。これにより、Office 365のデータをAzureで保持したい企業に、費用効率が高くスケーラブルでセキュアなソリューションを提供します。この最新リリースでは、Microsoft SharePointおよびOneDrive for Businessのバックアップパフォーマンスもいっそう向上しています。

使いやすさが向上したVeeam Backup for Microsoft Azureは、ターンキー方式でMicrosoft Azure Marketplaceから入手可能です。ネイティブ・スナップショットやVeeamのバックアップに対するファイルレベル・リカバリなどの機能と併せて、強力なリカバリ機能も備えています。業界初となる内蔵型のクラウドコスト試算ツールにより、自社コストの管理と削減機能も強化できます。また、Veeam Backup & Replication™との統合で、自社のクラウド、仮想、物理のデータマネジメントのほか、Azureのバックアップの保護と管理によるクラウドのデータマネジメントを実現します。

Veeamの共同創業者兼セールス&マーケティング部門担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント(EVP)であるラトミア・ティマシェフ(Ratmir Timashev)は、次のように述べています。「前年比114%の成長を達成したVeeam Backup for Microsoft Office 365は、引き続きVeeamの歴史の中で最も成長を遂げている製品となっています。顧客がデータのバックアップと保護を行うオンプレミス時代と同じように、SaaSソリューションでも同じ重要な情報をバックアップして保護する必要があります。Veeam Backup for Office365はこのニーズに応え、Azureの採用が急速に増えていることから、VeeamはMicrosoftとの仕事から構築し、Azureベースのワークロード専用に開発されたネイティブバックアップソリューションを提供できることを大変うれしく思います」

Office 365のバックアップをAzureに保存したいクラウドファースト企業のIT意思決定者は、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v4によって、費用効率の高いAzure Blob Storageを利用したクラウド最適化ソリューションを実現できます。新バージョンで得られるメリットは以下のとおりです。

  • オブジェクトストレージによるコスト削減と、消費量に応じた従量課金
  • 無制限のストレージ容量による無制限のスケーラビリティの活用
  • 複雑なプランニングを必要としないパブリッククラウドへのシンプルな導入

Veeamは、Microsoft認定ゴールドパートナーとしてグローバルでMicrosoftと緊密に連携し、企業向けソリューションの価値を広めます。そしてこの取り組みを、近日リリース予定のAzureネイティブ・データ保護ソリューションで強化します。

今回のMicrosoft Igniteプレビュー:

これからのVeeam Backup & Replicationの拡張により、Azureネイティブインスタンスを保護する以下の統合機能を実演。

  • Microsoft Azureのワークロード向けに構築されたクラウドネイティブなデータ保護、ネイティブ・スナップショットおよびVeeamのバックアップのサポート、Microsoft Azure Blobにおける長期的なデータ維持のためのクラウド最適化
  • ネイティブ・スナップショットおよびVeeamのバックアップのファイルレベル・リカバリや、オンプレミスのデータセンターなどのあらゆるVeeam対応環境を復旧する能力を含む、業界をリードするRTOを実現する、強力で信頼性の高いリカバリ技術
  • 業界初となるクラウドコスト試算ツールによるコスト削減の推進。バックアップ開始前に過剰なコストを避けるためのポリシー・チャージのシミュレーション

クラウドファーストの企業および部署に向けて無償版と有償版で提供予定のVeeam Backup for Microsoft Azureは、Azure Marketplaceから簡単に導入できるようになります。Veeam Backup for Microsoft AzureからのバックアップをVeeam Backup & Replicationと併せて管理し、Veeamの新しいUniversal Licenseに統合可能です。

コメント

Microsoft Azure/Storage/Media/Edge担当コーポレート・バイス・プレジデント、Tad Brockway氏

「MicrosoftはVeeamと長年にわたる関係を築いています。このコラボレーションには、Microsoft Office 365やVeeam Backup for Microsoft AzureといったVeeamのイノベーションのサポートなどが含まれます。クラウドストレージがデータバックアップ戦略として普及する中、VeeamによるAzure Blob Storageのサポートが、オンプレミスストレージの終了、より迅速なRTO、アベイラビリティの向上、コストの削減、クラウド導入の促進を実現します」

IDCリサーチ・マネージャー、Archana Venkatraman氏

「クラウドは、ビジネスの成長とイノベーションの推進要因と考えられています。これに伴い、IaaS、SaaS、PaaSにわたるクラウド支出は急速に増え続けています。Microsoft Office 365などのクラウドアプリケーションが、ビジネスの生産性の中核を成すようになっているのです。企業は、保存先を問わずすべてのビジネス・データの取扱いに、最終的かつ排他的な責任を負っています。このため、企業のバックアップ戦略からクラウドアプリケーションを除外することは、リスクを生みます。先進的な企業は、ランサムウェアや誤った削除などの社内の脅威によってクラウドアプリケーションのデータを喪失するリスクを理解しています。そしてSaaSのデータ保護を優先事項と捉え始めています。また、新しいクラウド環境におけるデータ・スプロールの保護と管理のために、クラウドネイティブなバックアップソリューションの評価を進めています」

Columbia Power and Water Systemsファイナンス担当バイス・プレジデント、Karen St. Clair氏

「Veeam Backup for Microsoft Office 365のシンプルさとスピードを非常に気に入っています。この新バージョンは、クラウドでOffice 365のデータ保護を利用する際の選択の幅を広げてくれるでしょう」

Microsoft Igniteへの参加

Veeamは、Microsoft Igniteのプラチナスポンサーとして、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v4のデモとVeeam Backup for Microsoft Azureのプレビューを実施。

価格および提供開始時期

Veeam Backup for Microsoft Office 365は、2019年末までに一般向けにパブリックベータ版の提供を予定しています。ベータ版のダウンロードおよびv4リリースの案内は、https://www.veeam.com/jp/backup-microsoft-office-365.htmlにて確認できます。