Veeam Backup & Replication v10でサポートされたLinux XFS

Veeam Backup & Replication v9.5からはWindows ReFS、Veeam Backup & Replication v10からはLinux XFSがサポートされました。今回は、Veeam Backup & Replication v10でサポートされたリポジトリのLinux XFSサポートについてお話します。実は、Linux XFSサポートは私自身、一番お勧めの機能です。 Linux XFSは、SGI IRIXで開発されたファイルシステムで1994年に開発されました。SGIのXFSがLinuxに移植されています。LinuxのXFSにもバージョンがあり、VeeamでサポートされているのはXFSのバージョン5です。VeeamのLinuxリポジトリでXFSを使うためには以下のコマンドラインでファイルシステムを作成します。 Read more

バックアップデータの保全:
バックアップデータのリストア方法

前回の「バックアップ環境の保全」に続いて、今回は「バックアップデータの保全」に関してご説明いたします。

まず、バックアップデータのバックアップは次の方法で保全すべきです。「バックアップストレージレイヤーでのデータ保全 (RAIDなど)」「3-2-1のルールに基づいたバックアップコピー」

それでも、バックアップデータ自体を扱うケースがあります。たとえば、なにかしらの環境が壊れてしまい、以下のような状況となった場合です。「バックアップファイルしか手元になく、それをバックアップジョブとして、引き続き利用したい」「バックアップファイルしか手元になく、リストアだけをしたい」

Read more

バックアップデータ101
バックアップ環境のバックアップ

「バックアップ環境、たとえば、バックアップサーバやプロキシのバックアップを取っておく方法を教えてください。」これは、私がよく質問されることです。バックアップインフラストラクチャの保全には、「バックアップ環境の保全」「バックアップデータの保全」の2つがあります。今回は、バックアップサーバのバックアップの「バックアップ環境の保全」についてご説明します。Veeam Backup & Replicationでは、その構成情報をオフラインに保存しておけば、バックアップサーバやプロキシのバックアップは不要です。 Read more

バックアップの重複排除と バックアップレポジトリ入れたときの見え方の挙動

仮想マシンや物理マシンをバックアップすると結構な容量になると思います。もっぱらテンプレートから展開した仮想マシンの場合は、実はOSやアプリケーションの部分が共通なものなので、重複排除が効くのではと思われるかもしれません。バックアップ時における重複排除は、以下の2つに分かれるかと思います。ファイルコンテンツの重複排除、イメージレベルの重複排除の二つについてVeeamで検討したいと思います。 Read more