Veeam Backup for AWS v5のご紹介

AWSのバックアップと復元 – 最新リリース

Veeamは、AWSネイティブのバックアップと復元ソリューションであるVeeam Backup for AWSのバージョン5をリリースしました。Veeamは、AWSワークロードをネイティブに保護する機能をAWSユーザーに提供し、クラウドネイティブなデータ保護を保証するだけでなく、ハイブリッドクラウド環境およびマルチクラウド環境でデータをより効率的に保護、制御、管理するために、新しい機能を継続的に追加しています。

Veeam Backup for AWSは、パブリッククラウドであるAWSにエンタープライズクラスのバックアップ整合性を提供するクラウドネイティブなバックアップソリューションで、シンプル設計、投資対効果、セキュリティに焦点を当てています。多種多様な機能を搭載したVeeam Backup for AWSは、AWS内のバックアップと復元用のスタンドアロンソリューションとして、またはハイブリッドクラウド組織およびマルチクラウド組織向けのVeeam Backup & Replicationの一部として活用できます。

Veeam Backup for AWS v5には、多数の新機能および機能性が用意されていますが、このブログでは、最も重要な4点に注目します。

Amazon Auroraのバックアップと復元

Veeam Backup for AWSでは、長らくAmazon Relational Database Service(Amazon RDS)をサポート対象としていましたが、v5では、任意のAmazon Auroraデータベースで作成されるスナップショットを自動化する機能が追加されました。Amazon Auroraのサポート組み込みに伴い、AWSリージョンとアカウント全体にわたってスナップショットを作成してレプリケートできるようになりました。データベースのリストアも極めて高速で、リストアによって既存のデータベースを上書きすることも、新しいAWSリージョンおよびアカウントにリストアすることもできます。

Veeam Backup for AWS v5では、以下を含むAWSの6つのフルマネージド・リレーショナル・データベース全てのタイプが完全にサポートされています。

  • Amazon Aurora
  • MariaDB
  • Microsoft SQL Server
  • MySQL
  • Oracle
  • PostgreSQL

シンプルで直感的なウィザードを使用して新しいポリシーを作成することで、任意のAmazon RDSタイプを保護できます。ポリシーに含めるデータベースは、1つ以上の個々のデータベースを選択するか、AWSタグを使用することで定義できます。リストアも同様に、ウィザード形式の操作で完了できます。すなわち、リストアするデータベース、リストアポイント、場所を選択するだけです。

Amazon EFSファイルのインデックス作成

前バージョンでAmazon Elastic File System(Amazon EFS)に対応しました。今回、新しい拡張機能によって、さらに機能が強化されています。Veeam Backup for AWS v5には、きめ細かな復元機能を改善するためにファイルレベルのインデックス作成機能が組み込まれました。Veeam Explorer形式のインターフェイスを介したファイルレベルの復元により、リストア対象の個々のファイルやフォルダを簡単に参照、検索、選択して復元できます。このきめ細かな復元機能を使用することで、ファイルシステムのボリューム全体をリストアする必要がなくなりました。

設定情報のバックアップと復元

Veeam Backup for AWSのスケーリングを利用する上で、アプライアンス自体の設定を確実に保護して復元可能性を確保することも極めて重要です。Veeam Backup for AWS v5では、ポリシーなどのアイテムを含む全ての構成設定をバックアップし、意図せぬ削除、災害、移行などの際に復元できます。

これをUIで確認してみましょう。

設定から設定情報のバックアップを選択することで、定期的なバックアップが行われるようスケジュールを設定したり、最新のリストアポイントや過去のリストアポイントからリストアを実行したりできます。リストアを選択すると、設定リストアウィザードが開き、他の環境から過去のバックアップをインポートすることもできます。

新しいダッシュボード

Veeam Backup for AWS v5では、完全に再設計されたダッシュボードにより、ユーザーが保護する環境を把握しやすくなりました。

この新しいダッシュボードで、お使いの環境がどのように運用されているか一目で確認できます。作成されたスナップショットの数、使用されているストレージの量、保護されているワークロードの数に関するきめ細かい情報を得られます。現在何が保護されているか、発生するとしたらどのようなエラーが発生する可能性があるかを見極め、把握できます。

まとめ

この新しいリリースにより、クラウド内のワークロードに対する最新のデータ保護を必要とするお客様にエンタープライズクラスの機能がもたらされます。Amazon Elastic Cloud Compute(Amazon EC2)、Amazon RDS、Amazon EFSボリューム、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)設定のバックアップを含むAWSの広範なサービスを保護する機能を備えたVeeam Backup for AWSは、AWSを使用するあらゆる企業や開発者にとって有力な選択肢となります。ハイブリッド環境またはマルチクラウド環境をお使いの既存のVeeamユーザーは、同じ機能をVeeam Backup & Replicationでご利用いただけます。

Article language
Similar Blog Posts
Business | 2023年9月12日
Business | 2023年5月26日
Technical | 2023年5月4日
Stay up to date on the latest tips and news
By subscribing, you are agreeing to have your personal information managed in accordance with the terms of Veeam’s Privacy Policy
You're all set!
Watch your inbox for our weekly blog updates.
OK

Native AWS backup and recovery

Veeam Backup
for AWS