スナップショットは、どんな仮想化環境でも不可欠な機能で、今さら話題に上らないほど一般的なものになり、私たちは当たり前のように使用しています。
スナップショットを使用すると、各仮想マシンのポイントインタイムコピーを作成し、そのコピーを使用して仮想マシンを特定の時点に復元できるので、まるで時間を制御できているような気がします。 例えば、本番システムでパッチを適用した後、何かが壊れてしまっていることに気づいたことはありませんか。仮想マシンを、パッチを適用する前の状態に戻すことができれば、それ以上簡単なことはありません。このような場合、スナップショットが役立ちます。

しかし、スナップショットを使えば使うほど、マイナスの面もあることが徐々にわかってきます。VMware環境では、スナップショットは、ストレージ内の追加ディスクとして表されます。古いポイントインタイムは、読み取り専用状態で保持されます。スナップショットが使用するスペースには、ストレージアレイのスペースが使用されます。I/Oフローは、2つ以上の異なる仮想ディスクに対して発生するため、仮想マシンのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 スナップショットを仮想マシンに長期間放置することは、最悪な状況を招く原因の1つです。おそらく、Veeam ONEの「アクティブスナップショット」レポートの使用頻度が最も高いのはそのためでしょう。

snapshot-hunter-1

スナップショットを効果的に制御する方法はあります。しかし、それで十分でしょうか。

隠れたスナップショット

実際には、十分ではありません。

スナップショットは、さまざまな理由から、vCenterにより「消失」してしまうことがあります。これらの消失したスナップショットは、その後、インターフェイスには表示されませんが、実際はまだストレージ内に存在しています。 このため、データストアのスペースはまだ使用されている状態であり、深刻な問題を引き起こす場合があります。

これは、Veeam Backup & Replicationのアクティビティの実行中にも発生する可能性があります。すべてのデータ保護タスクは、仮想マシンのスナップショットから開始されます。Veeamは、このスナップショットにより、仮想ディスクに格納されたデータの正しい静止点を保証することができます。このため、バックアップまたはレプリケーションの開始時に、Veeam Backup & Replicationは、特定の仮想マシンのスナップショットを開始するようにvCenterに要求します。 完了すると、静止された仮想ディスクがコピーされます。ジョブの最後に、Veeamは再度スナップショットを要求します。

問題となるのは、このときです。場合によって、vCenterがスナップショットを正しく削除したと報告しても、スナップショットは実際にはまだ存在します。

スナップショットハンター

このため、Backup & Replicationには専用の機能が導入されています。 これは、バックアップやレプリケーションを実行した後に放置されたままのスタックスナップショットを特定し、削除します。 これをSnapshot Hunterと呼びます。

スナップショットをコミットするアクティビティが完了した直後に、その結果にかかわらず、コミットの成功が報告されます。

snapshot-hunter-2

Snapshot Hunterは、仮想インフラストラクチャに接続し、仮想マシンが格納されているデータストアの内容を読み取ります。 バックアップ操作の実行中に作成されたスナップショットファイルがまだ残っている場合、そのことがジョブの統計で通知されます。

snapshot-hunter-3

その後、削除プロセスが開始します。Snapshot Hunterアクティビティには、特定のスケジュールがあります。その仮想マシンの処理が完了した後、スタックスナップショットを削除する最初の試みが実行されます。 スナップショットまたは関係する別のファイルがコミット時に単にロックされる場合もあります。統合は、この問題を即座に解決することができます。

統合アルゴリズムは、次の3つのステップで構成されます。

  1. VMware Consolidateによる統合方法
  2. 「静止なしのハード統合」 – スナップショットの作成と削除
  3. 「静止ありのハード統合」 – スナップショットの作成と休止中のスナップショットの削除

12時間経ってもスナップショットを安全に削除できない場合、Snapshot Hunterは、スタックスナップショットについてユーザーに通知します。Snapshot Hunterの特定のアクティビティをチェックするには、[History (履歴)]タブを開いて、用語"snapshot"を使用して"system"アクティビティをフィルタリングするだけです。

各"VM snapshot consolidation"ジョブは、スタックスナップショットを削除するSnapshot Hunterです。Snapshot Hunterは完全に自動化されるので、何も構成する必要はありません。

Snapshot Hunterは、バックアップまたはレプリケーション後に放置されているスナップショットだけを検索して削除します。さらに、Snapshot Hunterは、Veeam Backup & Replicationに完全に統合されます。例えば、スナップショット数がデータストアあたりの最大数に達すると、少なくとも1つのスナップショットが削除されるのを待ってから、統合処理を実行します。 Snapshot Hunterは、ストレージに対する追加のI/Oを発生しません。

Snapshot Hunterは安全なのでしょうか。Snapshot Hunterは、スナップショットの削除のためにVMwareサポートによって開発された手順に従います。このため、ご使用の環境を損なうことはありません。それどころか、仮想インフラストラクチャの英雄になるかもしれません。

GD Star Rating
loading...
スナップショットハンター, 5.0 out of 5 based on 1 rating
Veeam Availability Suite — 無償評価版をダウンロードする

Luca Dell'Oca
Author: Luca Dell'Oca

Posted: 2015年8月21日