Linuxサーバーのバックアップの鍵

Linuxの保護はVeeamにおまかせください

Linuxのバックアップをシンプルに

現在のビジネスにおいて、データベースやファイルサーバー、高トランザクションのアプリケーションなどにLinuxサーバーを使用することは、もはや当然となっています。Veeam® Backup & Replication™では、Veeam Agent for Linuxによって、このような特殊なLinuxサーバーの保護や復元、管理に必要なツールを利用することができます。
Linuxの復元

ジョブに最適なグループ
 

Veeam Agentを安全に管理するよう設計された包括的な保護グループで、セキュリティを重視するLinuxとデータベースの管理者も安心できます。

全てのワークロードを1つの
コンソールで

複数のコンソールやツールを同時に駆使する必要はもうありません。機能豊富なVeeam Backup & Replicationなら、これ1つで完結します。 

Linuxの保護を全て網羅
 

設計を全面的に見直した復元メディアはシンプルで信頼性が高く、扱いやすいため、目標復旧時間(RTO)の達成を心配する必要はありません。

Linuxの保護機能

Veeamなら手軽

VeeamのLinuxカーネルモジュールには組み込みのファイルシステムスナップショットとCBT機能が搭載。増分バックアップを、サービスに影響を与えることなく、高速で実行します。

属性とアプリケーション

高度なアプリケーション認識処理で、ファイルバックアップの拡張属性を保持しながらアプリケーション整合性のあるイメージバックアップを作成します。

優れた機能を多数搭載

実績ある業界のリーダー企業による専用エージェントで、Linuxディストリビューションを高度に保護します。

Linuxサーバーのバックアップだけじゃない

Veeamユニバーサルライセンス(VUL)は、柔軟性に優れたポータブルなソリューションで、オンプレミスとクラウドの様々な種類のワークロードを保護することができます。VULなら、物理や仮想のワークロードを保護し、これらのバックアップをクラウド環境にリストアすることがかつてなく簡単になります。追加費用もかかりません。 

あらゆるワークロードを一元管理

バックアップを標準化して、全てのユーザーに対して保護と復元を効率化。ポイント製品やエージェントベースのソリューションの管理という厄介な作業から解放されます。
veeam-one

Veeam Backup & Replication

物理、仮想、クラウド、データベース、
アプリケーションのバックアップを統合。

vao

Veeam Service Provider Console

サービスプロバイダーや分散環境のエンタープライズ向けに、大規模な物理バックアップをリモートで管理。

LinuxバックアップのFAQ

Linuxサーバー全体をバックアップする方法を教えてください。

UnixとLinuxの設計の仕組みにより、ハードウェア・デバイス・ドライバとディスクパーティションがその他の特殊なデバイスファイルと共に表示されます。これらは、他のファイルと同様にファイルシステムに直接あります。そのため、誰でも簡単に、これらのファイルをバックアップとして別の場所にコピーすることができます。とある場所のファイルを別のDDにコピーするだけでよいのであれば、しっかりと検証されている各種コマンドとRsyncを使用するとよいでしょう。しかし、これらのコマンドを扱う場合は注意も必要です。正しく実行されなかった場合、保護するつもりだったデータが誤って削除される可能性もあります。

Veeam Backup & Replicationは、Veeam Agent for Linuxによって、Linuxサーバーのバックアップの水準を引き上げます。安全性と信頼性に優れ、豊富な機能を備えた設計で、何年もそこにある巨大なLinuxファイルコピーにも対応できます。Veeam Backup & Replicationでは、GUIを利用して管理や導入を一元的に実行できるほか、必要に応じてコマンドラインインターフェイスも使用できます。Linuxサーバーのバックアップに関する追加機能のエコシステム全体が組み合わさり、これによって、Linuxバックアップジョブの作成もリストア操作も、簡単に実行することができます。 

Linuxシステムのリストア方法を教えてください。
リストア方法は複数あり、必要に応じて選択できます。ベアメタルリストアが必要だったり、ボリュームのリストアが必要な場合もあるでしょう。一部のファイルやフォルダだけをリストアすればよい場合もあるかもしれません。いずれの操作もそれぞれの道筋と手順がありますが、途中で重複したり、場合によっては合わさったりすることもあります。ベアメタルリストアを実行するには、復元ISO、または手動で再インストールした同様のベースディストリビューションが必要で、これらは後でファイルのリストア先として使用します。一部のファイルやフォルダのみが必要な場合は、復元メディアを使用してファイルレベルの復元を行うことができます。あるいは、組み込みのファイル復元ウィザードを使用しても構いません。次に、Linuxサーバーを仮想に移動または変換する場合は、仮想ディスクとしてエクスポートしたり、仮想マシン(VM)にインスタントリカバリを行ってP2Vを実行したり、パブリッククラウドに直接リストアしたりすることも可能です。Veeam Backup & Replicationなら、全ての復元オプションを網羅しており、あらゆるワークロードに対応できます。 
Linuxのバックアップが実行されているかどうかを確認する方法を教えてください。
バックアップが実行されているかどうかは、パイプを使ってコマンドで進捗を有効にすると確認できます。この方法は1つのジョブに対しては有効ですが、ジョブが10や20、50もある場合はそうはいきません。Veeam Backup & Replicationコンソールを使用すれば、複数のバックアップの進行状況や詳細なジョブの統計も非常に簡単に確認することができます。また、Veeam Backup & Replicationでは、メールによる通知とレポートも有効にできるので、バックアップの進行状況や結果について常に最新の情報を得ることができます。

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
Thank you for your interest in Veeam products!
We've sent a verification code to:
  • Incorrect verification code. Please try again.
An email with a verification code was just sent to
Didn't receive the code? Click to resend in sec
Didn't receive the code? Click to resend

Veeamの製品に関心をお寄せいただき、
ありがとうございます。

以下のメールアドレスに確認メールを送信いたしました:
 
次のステップに進み、製品の利用を開始しましょう
  1. 製品のダウンロード
  2. ライセンスキーの有効化

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

カスタムデモを申し込む

送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
Thank you for your interest in Veeam products!
We've sent a verification code to:
  • Incorrect verification code. Please try again.
An email with a verification code was just sent to
Didn't receive the code? Click to resend in sec
Didn't receive the code? Click to resend

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください