ついに登場!本日、新バージョンVeeam Availability Suite 9.5をリリース

本日、新バージョンのVeeam Availability Suite 9.5がリリースされ、ダウンロード可能となりました。この当社の主力製品の最新バージョンは、組織が今日のサービス・レベル目標を達成できるように、v9で導入された多数のエンタープライズ向け機能のさらなる強化を基礎に開発されています。これにより、あらゆるITサービスや関連アプリケーションおよびデータを数秒または数分で復元できるようになります。

続きを読む
Doug Hazelman (VMDoug)
Doug Hazelman (VMDoug)

Former VP, Product Strategy

v9 リリース!

本日、Veeam Availability Suite v9 がリリースされ、ダウンロード可能となったことをお知らせします!この新しいバージョンでは、非常に多くの新機能を提供しますが、本バージョンに関する詳細は、『をご覧ください。このドキュメントは、v9 で提供するすべての機能について詳細にご説明いたします (併せてVeeam ONE v9 の新機能も参照してください)。

v9 には多数の新機能が導入されていますが、特に注目すべきポイントは、主に以下の二つの機能です。Veeam Cloud Connect Replication と、 Scale-out Backup Repository です。これらの機能はどちらもメジャー リリースにふさわしい拡張です。これらの二つの機能に取り組んだ作業量を考えてみると、開発部門がこれらの機能を完成させたことは、非常に意義のあることです。

続きを読む
Doug Hazelman (VMDoug)
Doug Hazelman (VMDoug)

Former VP, Product Strategy

現代的データ保護。仮想化用

あるお客様の言葉通り、Veeamは「SFを現実に変えた」ようなものです。またあるお客様は、「何もしなくても自動的にやってくれる」と言っています。バックアップは、将来使わないで済むことを願いながら多額の掛け金を支払う保険のようなものです。

夜も眠れないのは何のせいか。先週の大きな試合を見逃したのはなぜか。Veeamは、バックアップを自動化し、高速で強力、しかも使いやすいバックアップとリカバリでみんなを驚かせました。


続きを読む
Doug Hazelman (VMDoug)
Doug Hazelman (VMDoug)

Former VP, Product Strategy

Microsoft Exchange バックアップとリカバリー

本日は、Veeamが“Running Exchange on VMware”というウェビナーを配信しました。授業は、仮想化されたExchangeのバックアップとリカバリーについて集中します。ウェビナーを準備しながら (Anton から助力を受けて)、教える情報はいいブログになると気付きました。Microsoft Exchangeのバックアップとリカバリーに関する要点、Veeam Backup & Replication v5がそれをどう対応するか下記とします。

Microsoftによりますと、Exchangeサーバーをバックアップおよびリストアするには3つの基本的ルールがあります。:

Exchangeサーバーに適合するように、VSSを使ったバックアップアプリケーションは、シャドウ・コピー・バックアップの完全性と復元可能性を確保する為に、3つの基本的な要件に従わなくてはなりません。要件を充足していない場合、Microsoftはバックアップとリストアに関する問題をトラブルシュートできなくなります。

ルール 1: ExchangeをExchange VSS Writerで排他的にバックアップする必要です。

ルール 2: バックアップアプリケーションの整合性検証が完了するまで、バックアップを信頼すべきではありません。

ルール 3: 元ロケーションへのリストアをExchange VSS Writerで排他的に行われなければなりません。


続きを読む
Doug Hazelman (VMDoug)
Doug Hazelman (VMDoug)

Former VP, Product Strategy