セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

新登場 Veeam Availability Orchestrator

ディザスタ・リカバリ・オーケストレーションとコンプライアンス

Veeam Availability Orchestratorに関するFAQ

Veeam Availability Orchestratorとは何ですか?
Veeam® Availability Orchestratorを使用すると、Veeam Backup & Replication™のDRオーケストレーション・エンジンが提供されるので、組織は災害復旧計画および災害からの復旧に関連する時間、コスト、および労力を削減できます。最高幹部や利害関係者の承認の準備が十分にできているDR計画を自動的に作成、文書化、検証し、業界標準や監査のコンプライアンスを証明します。
Veeam Availability Orchestratorにはどんな機能が含まれていますか?
  • Veeam Availability Orchestrator
  • Veeam Backup & Replication Enterprise Plus エディション(組み込み1
  • Veeam ONE™ (組み込み1
  • Microsoft SQL Server Express

Veeam Availability Orchestratorに供与されているライセンスは、Orchestrator製品のサポート機能の提供のみを対象としており、組み込まれている製品の完全な使用を対象としていません。

Veeam Availability OrchestratorでサポートされるVeeam製品はどれですか?
Veeam Availability Orchestratorでは、VMware vSphere環境におけるVeeam Backup & ReplicationによるレプリカVMのオーケストレーションが可能です。
Veeam Availability OrchestratorでサポートされるVeeam Backup & Replicationプラットフォームはどれですか?
Veeam Backup & Replication 9.5 U3以上です。
前提条件はありますか?
Veeam Availability Orchestratorは上位エディションでサポートされるAPIを統合用に要求するため、Veeam Backup & Replication または Veeam Availability Suite Enterprise Plus エディション のいずれかが必要です。こちらで各エディションの機能を比較してください

ライセンス

ライセンス供与の基準やライセンス用語など、Veeamのライセンスに関する一般的な情報については、こちらを参照してください
Veeam Availability Orchestratorのライセンス体系はどのようになっていますか?

Veeam Availability Orchestratorは、年単位のサブスクリプション、または割引が適用される2~5年単位のサブスクリプションでライセンスが供与されます。

すべてのサブスクリプション・ライセンスは、VMごと(最低10台のVM分の購入が必要)に販売され、24時間365日の本番サポートが含まれます。

顧客は環境内のすべてのVMごとにライセンスを購入しなければなりませんか?
いいえ。Veeam Availability Orchestratorでは、柔軟なVMごとのライセンスを採用しています。オーケストレーションの実行を希望する、VMのレプリカの数に基づいたライセンス数のみを購入する必要があります(最低10台のVM分の購入が必要)。
必要がなくなったVMをVeeam Availability Orchestratorから削除して、そこで空きがでたライセンス数を別のVMに利用することはできますか?
はい。Veeam Availability OrchestratorにはVMの動的ライセンスが含まれており、VMが追加されたりフェールオーバー計画から削除されたりしたときはライセンスをVMに適用することができます。
他に質問はございますか?
ライブ製品デモをご覧いただくか、Veeam営業担当にお問い合わせください。