評価版

Veeam Backup for Microsoft Office 365 に関するFAQ

Veeam Backup for Microsoft Office 365とは?

Veeam® Backup for Microsoft Office 365のデータにアクセスできなくなるリスクや、Office 365のデータを管理できなくなるリスクを軽減し、データが常に保護されており、アクセス可能な状態を維持します。Office 365を安全にバックアップして、以下のことも可能になります。

  • 意図せぬ削除、セキュリティの脅威、および保持ポリシーのギャップからOffice 365データを保護 
  • 業界をリードする復元の柔軟性によりOffice 365の個々のアイテムおよびファイルを迅速に復元
  • Office 365バックアップ・アイテムの効率的なeDiscoveryにより法的およびコンプライアンス要件に対応
バージョン3にはどんな新機能がありますか?

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3では、Exchange、SharePoint、OneDriveの効率的なバックアップと信頼性の高いリストアでOffice 365のデータを管理することができます。主な改善点は次のとおりです。

  • SharePoint OnlineとOneDrive for Businessのバックアップ処理が最大30倍高速に
  • マルチファクター認証でOffice 365のバックアップ・データのセキュリティを向上
  • Office 365のデータ保護レポートで可視性と分析を強化

バージョン3の新機能の一覧はこちらをご覧ください

Veeam Backup for Microsoft Office 365は、スタンドアロン製品として使用できますか?もしくは、別のVeeam製品が必要ですか?
Veeam Backup for Microsoft Office 365は個別のスタンドアロン製品で、Veeam Availability Platformの主要コンポーネントです。 
Veeam Backup for Microsoft Office 365でMicrosoft Teamsはバックアップできますか?

はい。Veeamでは、Microsoft Teamsのバックアップもリストアも可能です。Microsoft Teamsにデータが投稿され共有されると、そのデータはExchange OnlineとSharePoint Onlineに記録されます。Veeam Explorers™を使用すると、チャット、ドキュメント、サイトなどのTeamsデータを検索してリストアできます。また、Teamsのタブやチャネルに添付されたデータをリストアし、対応するTeamsの場所にデータを手動で添付しなおすこともできます。

また、Veeamは、Exchange、SharePoint、OneDrive for Businessのオブジェクトに加えて、Office365のグループ・メールボックスとOneNoteノートブックもサポートしています。

Veeam Backup for Microsoft Office 365を、オンプレミスのExchangeまたはSharePointとOffice 365間のハイブリッド環境のために使用できますか? 
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365では、電子メールとSharePointのハイブリッド環境の保護のほか、オンプレミスのExchangeとOffice 365間でのデータの移行も可能です。

ライセンス

ライセンス供与の基準やライセンス用語など、Veeamのライセンスに関する一般的な情報については、Veeamのライセンスに関するFAQでご覧になれます
Veeam Backup for Microsoft Office 365のライセンス体系はどうなっていますか?

Veeam Backup for Microsoft Office 365は、サブスクリプション単位でライセンス供与されます。サブスクリプションは1~5年単位で提供され、お客様は前払いでサブスクリプション全体を購入するか、または1年単位でお支払いするかをお選びいただけます。長期のサブスクリプションでは、割引率が大きくなります。価格情報の詳細については、こちらを参照いただくか、リセラーまでお問い合わせください。 

全てのサブスクリプション・ライセンスは、ユーザー単位(必要最低購入数:10ライセンス)で販売され、24時間365日のプロダクション・サポートが含まれます。

ユーザーとして何をカウントしますか?

必要なライセンス数を計算するには、Office 365サブスクリプション内のユーザー数を数えてください。複数のOffice 365サービス間で同じユーザーを2回以上数える必要はありません(例:Exchange Online、SharePoint Online、およびOneDrive for Businessのユーザーが同一 = 1人のVeeam Backup for Microsoft Office 365ユーザー)。

Office 365の各サービスの詳細は以下のとおりです:

  • Exchange OnlineまたはオンプレミスのExchange:ユーザーの電子メールボックスには、個人用のメールボックスまたはオンライン・アーカイブ・メールボックス、あるいはその両方が該当する場合があります。そのユーザーに必要なライセンスは1つのみです。ただし、共有メールボックスとリソース・メールボックスについては、ライセンスは必要なく、無償でバックアップできます。
  • OneDrive for Business:OneDrive for Businessのユーザー・ライセンスは、一致する電子メール・アドレスと自動的に連携します。つまり、同じライセンスを使用して、あるユーザーの電子メールと、それとは別のユーザーのOneDrive for Businessアカウントをバックアップすることはできません。OneDrive(「for Business」ではない)は別のストレージ・サービスであり、このソリューションではサポートされないことに注意してください。
  • SharePoint OnlineまたはオンプレミスのSharePoint:保護したいと考えているSharePoint環境へのアクセスが許可されている、Office 365サブスクリプション(またはオンプレミス導入)内のSharePointの各ユーザーには、組織のSharePoint環境をバックアップおよび保護するために、ライセンスが付与されている必要があります。ハイブリッドのSharePoint環境(オンプレミスのSharePointとSharePoint Online)があり、同一のユーザーがその両方にアクセスする場合、そのユーザーに必要なVeeamライセンスは1つのみです。外部のSharePointユーザーにライセンスは必要ないことに注意してください。外部のSharePointユーザーとは、1つまたは複数のサイト、ファイル、またはフォルダにアクセス権を与えられている、Office 365サブスクリプションには含まれていないユーザーです。外部の認証済みユーザーは基本的な共同タスクに制限され、外部の匿名ユーザーは特定の権限が与えられた場合に特定のドキュメントの編集または閲覧が可能になります。
Veeam Backup for Microsoft Office 365はVeeamインスタンス・ライセンスで利用できますか?
いいえ。VeeamのOffice 365バックアップ・ソリューションは、Veeamインスタンス・ライセンスではご利用になれません。この製品はスタンドアロン製品であり、ユーザー単位のサブスクリプション・ライセンスで提供されています。
既存のサブスクリプションにユーザーを追加できますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft Office 365のライセンスを追加し、様々なライセンス購入の期間を合わせてサブスクリプション・サイクルを統一することができます。これによって、サブスクリプションの更新をシンプルかつわかりやすくします。
バックアップからユーザーを削除して、そのライセンスを別のユーザーに付与することはできますか? 
Veeamでは、過去31日間にリストア・ポイントが少なくとも1つ作成されたユーザーを管理対象ユーザーとしてカウントします。あるユーザーをバックアップしないまま1ヶ月が経過した場合、そのライセンスをまた別のユーザーに適用して保護を開始します。また、1ヶ月を待たずにライセンスのカウントを取り消すこともできます。この操作は、PowerShellやRESTful APIで実行できますが、ライセンスを取り消す前に全てのリポジトリからユーザーの全データを削除する必要があります。
Office 365バックアップには、パブリック・セクター向けの特別価格はありますか?
はい。Veeamでは、パブリック・セクター向けと内部使用(パートナー)向けの両方に割引価格のライセンスを提供しています。特別割引については、リセラーにお問い合わせいただくか、Veeam営業部門までお問い合わせください。