Veeam Backup for Microsoft 365に関するFAQ

Veeam Backup for Microsoft 365とは何ですか?

Veeam® Backup for Microsoft 365は、Microsoft 365のデータにアクセスできなくなるリスクや、Microsoft 365のデータを管理できなくなるリスクを軽減し、データが常に保護されており、アクセス可能な状態を維持します。Microsoft 365(旧Office 365)を安全にバックアップして、以下のことも可能になります。

  • 意図せぬ削除やセキュリティ上の脅威、そして保持ポリシーのギャップからOffice 365データを保護
  • 業界をリードする復元の柔軟性によりOffice 365の個々のアイテムやファイルを迅速にリストア
  • Office 365バックアップアイテムの効率的なeDiscoveryにより法的要件およびコンプライアンス要件に対応
バージョン6にはどんな新機能がありますか?

NEW Veeam Backup for Microsoft 365 v6では、Microsoft 365環境用のセルフサービス・リストア・ポータルを追加。メール やファイルといったアイテムのリストアを、1箇所で安全に委任することが可能です。さらに、Amazon S3 GlacierやGlacier Deep Archive、Azure Archiveへのバックアップコピー機能も新たに搭載されました。

バージョン6の新機能の詳細を見る

Veeam Backup for Microsoft 365は、スタンドアロン製品として使用できますか?もしくは、別のVeeam製品が必要ですか?
Veeam Backup for Microsoft 365は個別のスタンドアロン製品で、Veeamプラットフォームの主要コンポーネントです。
Veeam Backup for Microsoft 365でMicrosoft Teamsのバックアップはできますか?
はい。Veeamでは、Microsoft Teamsデータのバックアップとリストアも可能です。Microsoft Teamsにデータが投稿され共有されると、そのデータはSharePoint Onlineなどの別の場所に記録されます。Veeam Explorers™を使用すると、ドキュメントやサイトなどのTeamsデータを検索してリストアできます。また、Teamsのタブやチャネルに添付されたデータをリストアし、対応するTeamsの場所にデータを手動で添付しなおすこともできます。
Veeam Backup for Microsoft 365を、オンプレミスのExchangeまたはSharePointとMicrosoft 365(Office 365)間のハイブリッド環境のために使用できますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365では、電子メールとSharePointのハイブリッド環境の保護のほか、オンプレミスのExchangeとOffice 365間でのデータの移行も可能です。
Microsoft 365(Office 365)バックアップはどこに保存できますか?
Microsoft 365(Office 365)バックアップは、お好きな場所に保存できます。利用可能なローカルストレージに余裕がある場合は、それを使用してオンプレミスにバックアップすることも可能です。クラウドを使用する場合は、AWS S3、Azure Blob、IBM Cloud、Wasabi、S3互換のプロバイダなど、様々なオブジェクトストレージを利用することができます。また、バックアップコピーを作成して、Amazon S3 Glacier、Glacier Deep Archive、Azure Archiveなど、コストの安い長期ストレージオプションに保存することもできます。
どのようにすれば利用開始できますか?

Veeam Backup for Microsoft 365を導入する場所を決めて、利用を開始します。Veeam.comでダウンロードしてこの製品を導入できます。あるいは、 Azure MarketplaceAWS MarketplaceまたはIBM Cloudに導入できます。

いかに簡単にVeeam.comクラウドに導入できるか、是非ご確認ください。

ライセンス

Veeam Backup for Microsoft 365のライセンス体系はどうなっていますか?

Veeam Backup for Microsoft 365は、サブスクリプション単位でライセンス供与されます。サブスクリプションは1~5年単位でのご用意があり、お客様は前払いでサブスクリプションを一括購入するか、1年単位で支払うかをお選びいただけます。サブスクリプションが長期になるにつれて、割引率が大きくなります。価格情報の詳細については、こちらを参照いただくかリセラーまでお問い合わせください

全てのサブスクリプションライセンスはユーザー単位(10ライセンス以上の購入が必要)で販売され、
24時間365日のプロダクションサポートが含まれます。

ユーザーとして何をカウントしますか。

必要なライセンス数を計算するには、Microsoft 365サブスクリプション内のユーザー数を数えてください。複数のMicrosoft 365サービス間で同じユーザーを2回以上数える必要はありません(例:Exchange Online、SharePoint Online、およびOneDrive for Businessのユーザーが同一 = 1人のVeeam Backup for Microsoft 365ユーザー)。

Microsoft 365の各サービスの詳細は以下のとおりです:

  • Exchange OnlineまたはオンプレミスのExchange:ユーザーの電子メールボックスには、個人用のメールボックスまたはオンラインアーカイブ・メールボックス、あるいはその両方が該当する場合があります。そのユーザーに必要なライセンスは1つのみです。ただし、共有メールボックスとリソースメールボックスについては、ライセンスは必要なく、無償でバックアップできます。
  • OneDrive for Business:OneDrive for Businessのユーザーライセンスは、一致する電子メールアドレスと自動的に連携します。つまり、同じライセンスを使用して、あるユーザーの電子メールと、それとは別のユーザーのOneDrive for Businessアカウントをバックアップすることはできません。OneDrive(「for Business」ではない)は別のストレージサービスであり、このソリューションではサポートされないことに注意してください。
  • SharePoint OnlineまたはオンプレミスのSharePoint:保護したいと考えているSharePoint環境へのアクセスが許可されている、Microsoft 365サブスクリプション(またはオンプレミス導入)内のSharePointの各ユーザーには、組織のSharePoint環境をバックアップおよび保護するために、ライセンスが付与されている必要があります。ハイブリッドのSharePoint環境(オンプレミスのSharePoint、SharePoint Onlineなど)があり、同一のユーザーがその両方にアクセスする場合、そのユーザーに必要なVeeamライセンスは1つのみです。外部のSharePointユーザーにライセンスは必要ないことに注意してください。外部のSharePointユーザーとは、1つまたは複数のサイト、ファイル、またはフォルダにアクセス権を与えられている、Microsoft 365サブスクリプションには含まれていないユーザーです。外部認証ユーザーは基本的な共同タスクに制限され、外部匿名ユーザーは特定の権限が与えられた場合に特定のドキュメントの編集または閲覧が可能になります。
  • Microsoft Teams:Veeam Backup for Microsoft 365を使用してチームを保護する場合、アクティブなチームメンバーであるユーザー、およびMicrosoft 365で有償のTeamsライセンスを保有しているユーザーそれぞれにライセンスが必要です。
Veeam Backup for Microsoft 365はVeeamユニバーサルライセンスで利用できますか?
いいえ。VeeamのMicrosoft 365バックアップソリューションは、Veeamユニバーサルライセンスではご利用いただけません。本製品はスタンドアロン製品で、ユーザー単位のサブスクリプションライセンスで提供されています。 
既存のサブスクリプションにユーザーを追加できますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365のライセンスを追加し、様々なライセンス購入の期間を合わせてサブスクリプションサイクルを統一することができます。これによって、サブスクリプションの更新をシンプルかつわかりやすくします。
バックアップからユーザーを削除して、そのライセンスを別のユーザーに付与することはできますか?
Veeamでは、管理対象ユーザーを、過去31日間にリストアポイントが少なくとも1つ作成されたユーザーとしてカウントします。ユーザーをバックアップしないまま1ヶ月が経過すると、そのライセンスを別のユーザーに適用して保護を開始できます。また、1ヶ月を待たずにライセンスのカウントを取り消すこともできます。この操作は、PowerShellやRESTful APIで実行できますが、ライセンスを取り消す前に全てのリポジトリからユーザーの全データを削除する必要があります。
Microsoft 365(Office 365)バックアップには、パブリックセクター向けの特別価格はありますか?
はい。Veeamでは、パブリックセクター向けと内部使用(パートナー)向けの両方に割引価格のライセンスを提供しています。具体的な割引については、リセラーまたはVeeam営業部門までお問い合わせください。

その他のFAQ

この製品に無償版はありますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365 Community Editionは無償の製品で、最大10ユーザー、10チーム、および1TBのSharePointデータに対応できます。
この製品にセキュリティ機能はありますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365では、マルチファクター認証でMicrosoft 365(Office 365)のバックアップデータのセキュリティを向上しています。また、オブジェクトストレージにあるMicrosoft 365(Office 365)データは暗号化が可能です。
この製品でコンプライアンス要件に対応できますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365では、長期間の保持ポリシーに基づいてデータを保存できるので、各種規制やコンプライアンスの要件にも対応できます。
この製品はスケール可能ですか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365では、リポジトリの自動スケールアウトにより最大のファイルサイズ上限の問題を抑止できるため、大規模なMicrosoft 365(Office 365)環境も単一のインストールで保護できます。
この製品でハイブリッドなMicrosoft 365(Office 365)環境を保護できますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365では、メールとSharePointのハイブリッド環境の保護はもちろん、オンプレミスのExchangeとMicrosoft 365(Office 365)の間でのメールボックスデータの移行も可能です。
この製品でMicrosoft 365(Office 365)の専用バージョンやローカライズバージョンのバックアップを行うことはできますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365では、Microsoft 365(Office 365)米国政府(国防総省およびその他の政府機関)専用バージョン、Microsoft 365(Office 365)ドイツ国内バージョン、Microsoft 365(Office 365)中国国内バージョンもサポートしています。
サービスプロバイダーがこの製品を提供することは可能ですか?
はい。サービスプロバイダーの皆様は、Veeam Backup for Microsoft 365を通してMicrosoft 365(Office 365)のバックアップサービスを提供することができます。
この製品はPowerShellとRESTful APIをサポートしていますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365では、全機能を対象としたPowerShellおよびRESTful APIのサポートによる包括的な自動化と、サービスプロバイダーのお客様の顧客向けに提供されるセルフサービスのリストア機能によって、オーバーヘッドを最小限に抑え、復旧時間とコストを削減できます。
この製品にはセルフサービスサポートが用意されていますか?
はい。Veeam Backup for Microsoft 365ではセルフサービス・リストア・ポータルが用意されており、管理者はリストア権限をMicrosoft 365(Office 365)ユーザーおよび自社のサービスデスク/ヘルプデスク組織に付与することができます。サービスプロバイダーもお客様にセルフサービスのリストアオプションを提供できます。
Microsoft 365(Office 365)のバックアップは不可欠であると組織を納得させるにはどうすればよいですか?

Microsoft 365(Office 365)のバックアップの重要性について、上長や同僚、チームなどを納得させるには、段階ごとの方法を説明したこちらのガイドをご利用いただけます。Office 365のバックアップの大切さを説明するのに必要な情報をまとめました。

ステップ1:Microsoft 365(Office 365)の責任共有モデルについて理解し、バックアップが必要な理由を説明する。

ステップ2:デモやバックアップのテストを用いて、Veeam Backup for Microsoft 365がいかに優れているかを示す。

ステップ3:第三者によるレビューサイトでVeeamと他社製品を比較する。

ステップ4:予算や価格オプション、割引率について検討する。

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください