新発売されたWindows Serverは本当に素晴らしい!それに伴う新ストレージ・オプションと最新版のHyper-Vかつ成長と変化の機会と革新が刺激です。

Windows Server 2012 のデビューで、マイクロソフトはライセンス・モデルとSKU の提供を改造しました。(それは、良く知られています。)この改造は、わざと実施されたかどうか、Windows Server 2012の Datacenterエディションを小企業のネットワークに導入することの出現を可能にしました。 Review the Windows Server 2012 のライセンス・データシートをこちらにレビューします。  下記の3つの点を気付きました。

1..  Standardエディション・サーバーのライセンスは、現在、プロセッサ + CALに基づくことになります。 (Datacenterエディションと同じ)

2.  Standardエディションに対しての仮想化の権利は、1Standardライセンスで2仮想インスタンスに限られます。
(Datacenterエディションでは、1ライセンスで無制限の数の仮想インスタンスが実行可能です。)

3.  Standardエディションの価格は882ドルで、Datacenterエディションの価格は4809ドルとなります。

この時点で計算機を出してコストを計算してみました。ライセンスのコストのみに限られ、ネットワーク内にプロセッサとCALの追加コストを計算する必要になると気付きました。従って、下記のことは明白に確かです。

実行するWindows Server の2インスタンスごとに対して、882ドル価格のStandardエディションが必要になります。

仮想環境で実行するWindows Serverの10インスタンスの場合は、「5Standardライセンスx882ドル = 4410ドル」が必要になります。

10数の仮想マシンは、私にとって、まだ大したことはないですが、ネットワークに11番目の仮想マシンを実装することになったら、また882ドル価格のStandard

Serverライセンスを追加する必要になり、ライセンスコストは全部で5292ドルになります。この際、「そもそもDatacenterエディション・ライセンスを購入したほうがいいではないですか。」と自問してみる必要があります。ライセンスコストを考えてむると、答えは確かに「Yes!」となります。

その上、いくつか検討に値する必要があります。例えば、12以上の仮想マシンを同時に実行する必要なサーバークラス・マシンは2仮想インスタンスを実行する必要なハードウェア設定と異なり、さらに、コストが高くなる可能性もあります。これに関して、検討する必要があります。

良く考えると、大きなネットワークだけではなく、小さなネットワークに対して、ネットワーク・デザインにパブリック/プライベート・クラウド原理を検討する必要があります。ホストされたハードウェアとソフトウェア・サービスを使用してハードウェアとソフトウェアの取得原価を負担することは意味のあることになります。実は、大きなネットワークより、小さなネットワークのほうがパブリック/プライベート・クラウドデザインの利益を得る可能性があります。Windows Server 2012は、プライベート・クラウドのスペースに良く合って、ローカルサーバーとストレージ・オプション、呼ばれるリソース・プール、ビジネスのプライベート側を対応する必要な仮想マシンのスケール・アップ/ダウンのサポートを対応します。さらに、Datacenterエディションは、限られたライセンス・コストで、最大限にスケーラビリティ・オプションを提供します。

大きな企業より小さな店のほうが、ITに関連する諸経費は運営予算合計の大部分を占めます。コスト削減は、やっぱり必要です。ライセンスのコストを削減することは必要であり、小企業にとって、Windows Server 2012のDatacenter エディションを購入するのが、長い目で見れば、安いです。

GD Star Rating
loading...
Microsoft Windows Server 2012 Datacenterエディションとその小企業向けの利点, 5.0 out of 5 based on 1 rating
Veeam Availability Suite — 無償評価版をダウンロードする

Chris Henley
Author: Chris Henley

Posted: 2012年8月14日