Veeam Disaster Recovery in Microsoft Azure

Veeam Direct Restore to Microsoft AzureとVeeam PN for Microsoft Azureを組み合わせ

Veeam Disaster Recovery in Microsoft Azure
による事業継続性の維持

Veeam Disaster Recovery in Microsoft Azureは、Veeam PN for Microsoft Azure(Veeam Powered Network)とDirect Restore to Microsoft Azureの機能を組み合わせて、クラウドにおける包括的なオンデマンドDRを実現します。(Veeam PN = Veeam Powered Network、VPN = 仮想プライベート・ネットワーク)。
Veeam Disaster Recovery in Microsoft Azureは、Veeam PN for Microsoft Azure(Veeam Powered Network)とDirect Restore to Microsoft Azureの機能を組み合わせて、クラウドにおける包括的なオンデマンドDRを実現します。(Veeam PN = Veeam Powered Network、VPN = 仮想プライベート・ネットワーク)。

災害の発生時、あらゆる規模のビジネスが、クラウド内でオンデマンドな災害復旧(DR)を行うための信頼できるソリューションを必要とします。クラウドの存在によって、あらゆる規模のビジネスにおいて手頃にDRを実現できるようになりましたが、未だに多くのビジネスが、そのようなソリューションの確立に関連した複雑なネットワークのセットアップ・タスクや構成タスクを適切に管理することに苦労しています。Veeam PN for Microsoft Azure(Veeam Powered Network)は、そのセットアップ・プロセスを簡易化、自動化し、あらゆるビジネスでクラウドでのオンデマンドな災害復旧を現実化する無償のソリューションです。

Veeam® Disaster Recovery in Microsoft Azureは、Veeam PN for Microsoft AzureDirect Restore to Microsoft Azureの独自機能を組み合わせて、クラウドでの包括的な「オンデマンドDR」によって、事業継続性および重要なワークロードのアベイラビリティを維持します。

ソリューションの概要 User Guide
Veeam PN for Microsoft Azure
ダウンロード

無償製品 - 制限なし
(リリース候補)

Direct Restore to Microsoft Azure
無償評価版をダウンロードする

Veeam Availability Suite評価版の一部、30日間制限なし

Veeam PN for Microsoft Azure
ダウンロード

無償製品 - 制限なし
(リリース候補)

Direct Restore to Microsoft Azure
無償評価版をダウンロードする

Veeam Availability Suite評価版の一部、30日間制限なし

Azureへの復元
Direct Restore to Microsoft Azure

Direct Restore to Microsoft Azureにより、WindowsベースVM、LinuxベースVM、物理サーバーまたはエンドポイントを復元できます。
Direct Restore to Microsoft Azureにより、WindowsベースVM、LinuxベースVM、物理サーバーまたはエンドポイントを復元できます。

Veeam Availability Suite 9.5に搭載されているDirect Restore to Microsoft Azureは、Veeamバックアップをクラウド上へ復元できるため、リソース割り当てを最適化するほか、DRの新しい選択肢を提供します。

ユーザーはこの統合機能により、オンプレミスのVMware VM、Hyper-V VM、物理サーバーおよびエンドポイントをクラウドに復元または移行することができます。この機能は次の形式で使用できます。

VeeamバックアップからAzureへの復元

現代のデータセンターは、もはや物理的な場所によって制限されることはありません。ITの組織は、Microsoft Azureクラウドによってリソース割り当てを最適化でき、運用のスケーラビリティと効率を改善できます。Veeamの to Microsoft Azure により、管理者は、複雑な構成もなく、またハードウェアへの追加投資を必要とせずに物理ワークロード(P2V)または仮想ワークロード(V2V)をAzureへ復元または移行できるため、運用コストを抑えることができます。

Azureは、最も必要とするときに容易に利用や拡張が可能なDRの選択肢となります。

Azureへの迅速なワークロードの復元

あらゆるタイプのVeeamバックアップ・ファイルを、迅速かつ効率的にAzureへ復元。この技術により、アプライアンスを事前に展開する必要がなくなり、Veeam Backup & Replicationユーザー・インターフェースからAzureへ直接復元できます。Azure Virtual Machine Agentは自動的にインストールされ(WindowsベースのVMのみ)、シーケンシャル、並列ディスクおよびVMリストア・オプションが使用可能。

Azure cloud recovery for Veeam backups
Azure cloud recovery for Veeam backups

計画されたワークロード移行の実行

Microsoft Azureパブリック・クラウドへの移行対象として、VMの一部や物理サーバーをお考えですか。VMwareおよびHyper-V VMや物理サーバーのワークロードをクラウドへ計画的に簡単に移行できるようになりました。

仮想ホスト、レガシーなサーバー、およびエンドポイントをMicrosoft Azureに移行。
仮想ホスト、レガシーなサーバー、およびエンドポイントをMicrosoft Azureに移行。

Azureベースのテスト環境の作成

Azureは、テスト環境として非常に有用です。

これはバックアップから作成されたものであるため、本番環境を反映しており、本番環境へ展開する前にパッチや重要なアップデートを安全にテストできます。

将 Azure 用作测试或开发沙盒。
テストまたは開発環境向けにサンドボックスとしてAzureを使用。
Azure cloud recovery for Veeam backups
Azure cloud recovery for Veeam backups
仮想ホスト、レガシーなサーバー、およびエンドポイントをMicrosoft Azureに移行。
仮想ホスト、レガシーなサーバー、およびエンドポイントをMicrosoft Azureに移行。
将 Azure 用作测试或开发沙盒。
テストまたは開発環境向けにサンドボックスとしてAzureを使用。

Microsoft Azureにバックアップを直接復元できるということは、Azureの柔軟でスケーラブルなクラウド・リソースを完全に利用することで、AzureをDR時のオンデマンドのクラウド・データセンターとして活用できることを意味します。

「VeeamバックアップをAzureで活用する3つの事例」を読む

クラウドのVeeam PN for Microsoft Azure
でのオンデマンドDR - リリース候補

Veeam PN for Microsoft Azureは、軽量のsoftware-defined networking(SDN)を使用してMicrosoft Azure内のDRサイトのセットアップを簡易化、自動化するための無償のソリューションです。このソリューションは、VPNの展開の複雑さを削減することで事業継続性およびアベイラビリティを維持するものであり、サービス・プロバイダーを含むあらゆる規模のビジネスに対応するように設計されています。Veeam PNの特徴は以下のとおりです。

  • Veeam Direct Restore to Microsoft Azureと連携して、複雑なVPNの展開を必要とせずにクラウド内での次世代型「オンデマンドDR」を実現し、事業継続性とアベイラビリティを確保
  • オンプレミスのITリソースとAzureベースのITリソースの間にシームレスでセキュアなネットワーキングを提供
  • あらゆるサイトの間に、使用しやすく完全に自動化されたサイト間ネットワーク接続を確立
Deploy the release candidate of Veeam PN for Microsoft Azure
Veeam PN for Microsoft Azureにより、リモート・クライアントとメイン・オフィス間のポイント・ツー・ポイント接続を容易に確立できます。(VPN = 仮想プライベート・ネットワーク、Veeam PN = Veeam Powered Network)。
Veeam PN for Microsoft Azureにより、リモート・クライアントとメイン・オフィス間のポイント・ツー・ポイント接続を容易に確立できます。(VPN = 仮想プライベート・ネットワーク、Veeam PN = Veeam Powered Network)。

Veeam PN for Microsoft Azure 概要

クラウドで次世代型オンデマンドDRを実現

ネットワーク管理者がいませんか?問題ありません。Veeam PN for Microsoft Azureは容易に展開できます。手動によるネットワーク接続や複雑なVPNインストール手順を必要とせずに、クラウドでの「オンデマンドDR」を可能にして、事業継続性が最も必要とされるときに確実に実現します。また、サーバー、VM、数台の物理サーバーやラップトップをすぐに復元する必要がある場合にも便利です。Azureアカウントを保持する必要すらなく、復元が実際に必要になるまではAzureの利用料の支払いも不要です。

シームレスでセキュアなハイブリッド・ネットワーキング

もはや、ユーザーがサイトのペアリングについて心配する必要はありません。Veeam PN for Microsoft Azureが重要なタスクをすべて実行し、ほとんどの場合、5分以内にセットアップを完了できます。「ハブ・アンド・スポーク」アーキテクチャによって運用されるリモートのデバイスからすぐに接続を確立できます。メイン・アプライアンスとのセキュアな通信を確立するために必要になるのは、すぐに利用できる自己完結型の基本構成ファイルのみです。

簡単で完全に自動化されたサイト間ハイブリッド・ネットワーク接続

Veeam PN for Microsoft Azureを利用すれば、オンプレミス、リモート・オフィス/ブランチ・オフィス(ROBO)、ホーム・オフィス、外出中の従業員などの場所を問わず、ありとあらゆるサイト間で、サービス・プロバイダーおよびパブリック・クラウドを経由してハイブリッド・ネットワーク接続を確立できます。サービス・プロバイダーでさえもこの製品を利用して、顧客サイトとサービス・プロバイダーのデータセンターの間にセキュアなSDN接続を確立できます。

システム要件

Veeam PN for Microsoft Azure

Veeam PN for Microsoft Azure — Azure Marketplaceからダウンロードする場合

  • ダウンロードするには、アクティブなAzureサブスクリプションが必要になります
  • リソース・マネージャーの展開モデルのみがサポートされます

Veeam PN for Microsoft Azure — Veeam.comからダウンロードする場合

OVAフォーマットはすべての主要仮想化プラットフォームにインストールできますが、Veeam PN for Microsoft Azureインストールは以下で全面的にサポートされています。

  • VMware ESX(i)
  • VMware Player
  • VMware Workstation
  • VMware vCloud Director

仮想マシンの要件

  • 1 vCPU
  • 1 GB vRAM
  • 16 GBのハード・ドライブ容量
  • 外部ネットワーク接続

Direct Restore to Microsoft Azure

Direct Restore to Microsoft AzureではアクティブなAzureサブスクリプションが必要です。

この技術は、以下で作成されたバックアップの復元をサポートします。

  • Veeam Backup & Replication
  • Veeam Backup Free Edition
  • Veeam Agent for Microsoft Windows 1.1以降
  • Veeam Agent for Linux

Veeam Backup & Replication 9.5以降には、Microsoft Azureへの Direct Restore機能が搭載されています。Veeamでは、パフォーマンスを向上させるため、Azure VM上で稼働するプロキシVM(オプション)のインストールをお勧めします。

Microsoft Azureへの Direct Restore機能は、WindowsおよびLinuxのワークロード向けに設計されており、VMwareとHyper-V VMの両方に対応します。従来の展開モデルおよびリソース・マネージャの展開モデルの両方がサポートされます。

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

ダウンロード

Direct Restore to Microsoft Azure

Get more free products

無償監視およびレポート製品