今や常識ではありますが、Microsoft Office 365のバックアップはユーザー自身が行う必要があります。Microsoftはインフラストラクチャとそのアベイラビリティに対して責任を負っていますが、お客様のデータの責任はお客様自身にあります。また、データを完全に保護するにはバックアップが必要です。個々の企業が負う責任は、自社のデータを管理し、コンプライアンス要件と法的要件を満たすことなのです。意図しない削除に備えてデータのコピーを余分に作っておくこと以外にも、バックアップが必要な理由はさらに5つあります。

簡単な概要はここまでにして、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3の新機能を詳しく見ていきましょう。

バックアップ速度を数分から数秒に向上

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2のリリースでは、SharePointおよびOneDrive for Businessデータを保護するためのサポートを追加しました。今回のv3では、Microsoft Office 365のネイティブのChange APIと統合することで、SharePoint OnlineおよびOneDrive for Businessの増分バックアップのバックアップ速度を向上させました。これにより、バックアップ時間が最大30倍短縮されます。これは非常に画期的です。これまでいただいたフィードバックは素晴らしく、皆様にもこの違いをおわかりいただけると確信しています。

マルチファクター認証サポートによるセキュリティの向上

マルチファクター認証は、Office 365のユーザー・アカウントで複数の検証方法を利用することで、セキュリティを強化します。マルチファクター認証はAzure Active DirectoryおよびOffice 365のベースライン・セキュリティ・ポリシーであるため、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3でマルチファクター認証のサポートを追加しました。

この機能により、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3は、Office 365に安全に接続できます。これは、Azure Active Directory内のカスタム・アプリケーションのほか、MFA対応のサービス・アカウントとアプリケーションのパスワードを利用することで実現し、これにより安全なバックアップを作成することができます。

リストアの観点では、これによってOffice 365に対して安全なリストアを実行することができます。

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3は、引き続きベーシック認証をサポートしますが、マルチファクター認証を使用することを推奨します。

可視性の向上

Office 365のデータ保護レポートを追加することで、Veeam Backup for Microsoft Office 365では、保護されていないOffice 365ユーザーのメールボックスを識別し、ライセンスおよびストレージの使用状況を管理することができます。3つのレポートは、GUI(PowerShellやRESTful API)から入手できます。

ライセンス概要レポートでは、ライセンスの使用状況の分析情報が提供され、組織内の各保護ユーザーに使用されるライセンスの詳細情報が表示されます。サービス・プロバイダーのお客様は、ライセンスの使用状況における上位5つのテナントを特定し、ライセンスの消費を制御することができます。

ストレージ消費レポートでは、選択した組織のリポジトリで消費されているストレージの容量が示されます。このレポートにより、消費の多いリポジトリに関する分析情報が提供され、リポジトリごとのOffice 365バックアップ・データの日次変更率と成長が支援されます。

 

メールボックス保護レポートには、全ての保護されたメールボックスと保護されていないメールボックスに関する情報が表示され、全てのビジネスクリティカルなOffice 365のメールボックスの可視性を維持できます。特にサービス・プロバイダーのお客様は、スコープ内の全てかもしくは1つのテナント組織のみに対してこのレポートを生成する際、その柔軟性を実感していただけることでしょう。

大規模環境での管理の煩わしさを軽減

MicrosoftのExtensible Storage Engineには、年間64TBのファイル・サイズ制限があります。大規模な環境でこれを打開するには、これまでは複数のリポジトリを作成する必要がありました。v3以降では、この制限は排除され、手動による打開策は不要になりました。Veeamのストレージ・リポジトリは、ファイル・サイズが上限に達しそうなタイミングを把握できるインテリジェンスを備えています。リポジトリを自動的にスケールアウトするため、ファイル・サイズ制限による問題の発生を抑止することが可能です。追加のデータベースは、必要に応じて、数値順に簡単に識別できます。

柔軟に選べる保持のオプション

もう1つのよくある質問は、使用されている保持タイプに関するものです。初期設定の保持タイプは、Veeam Backup for Microsoft Office 365が現在と定義されている保持期間との間で変更されたデータをバックアップして保存する場合に、「アイテム・レベル」のバックアップ方法として考えると最もわかりやすいです。簡単な例として、保持期間が5年に設定されている場合、今日から5年前までの全てが保護されます。明日のバックアップでは、この日に変更または追加されたデータが追加され、変更日が指定保持期間の対象外となった最も古いデータが削除されます。

上記の保持の動作は、社内ポリシーの要件よりも多くのデータを保存する必要がない企業のニーズを完全に満たしています。しかし、長年にわたってVeeamの主力ソリューションをお使いいただいているお客様は、既に完全な永久増分バックアップ・アプローチに慣れているため、混乱を招きやすくなりました。

皆様からのフィードバックを受け、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3から、同様の「スナップショット・ベース」の保持タイプが利用可能になりました。リポジトリの設定には、アイテム・レベルの保持スナップショット・ベースの保持の2つのオプションがあります。

オプションの選択に基づいて、このリポジトリを指すバックアップ・ジョブが保持タイプを適用します。これは、リポジトリごとのグローバル設定です。また、保持オプションを設定すると、変更できなくなりますのでご注意ください。

その他の機能拡張

MicrosoftによりExchangeおよびSharePointの新しいメジャー・バージョンがリリースされたため、ExchangeおよびSharePoint 2019のサポートが追加されました。

インターフェースに変更を加え、インターネット・プロキシをサポートしています。これは、以前のバージョンではXML設定への変更を活用することで既に可能でしたが、Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3では、これがGUI内のオプションとなっています。さらに、任意のVeeam Backup for Microsoft Office 365リモート・プロキシごとに、インターネット・プロキシを設定することもできます。 また、自動化を愛するユーザーの皆様におかれましては、これらの新しいオプションは全て、PowerShellやRESTful APIからも使用できます。

ライセンス機能の点では、2つの新しいオプションも追加されています。

  • PowerShellを使用して不要なライセンスを取り消すことができます
  • サービス・プロバイダーの皆様は、PowerShellおよびRESTful APIを使用してテナントごとにライセンス情報とリポジトリ情報を収集し、カスタム・レポートを作成できます

Veeam Backup for Microsoft Office 365コンソールでの見た目のわかりやすさを維持するため、サービス・プロバイダーの皆様は組織にカスタム名を付けることができます。

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3から、機能リクエストに基づいて、ジョブごとに特定のOneDrive for Businessフォルダを除外または含めることができます。この機能は、PowerShellまたはRESTful APIを介して使用できます。

Veeam Backup for Microsoft Office 365の全ての新機能の一覧については、新機能ページにアクセスしてください。

さあ始めよう

実際にOffice 365のバックアップを行うなら、「善は急げ」です。Veeam Backup for Microsoft Office 365 v3をダウンロードしていただくか、または最大10ユーザーおよび1TBのSharePointデータに対応できるCommunity Edition(永久無償)をお試しください。

GD Star Rating
loading...
VeeamのOffice 365バックアップのバージョン3が提供開始!, 5.0 out of 5 based on 1 rating

Veeam Availability Suite

#1 Cloud Data Management for on premises, AWS, Microsoft Azure and Azure Stack, and IBM Cloud.

FREE TRIAL