まもなくリリースされるVeeam® Availability Suite™ v9 には、多数の拡張機能と新機能が組み込まれています。しかし、この新しいリリースで最大の機能拡張の1つは、間違いなく、プライマリ ストレージとバックアップ ストレージの改善でしょう。

 

Veeamではすでに、ストレージ スナップショット統合でサポートされるストレージ アレイ リストに新しくEMC VNX/VNXeが追加されることを発表しました。しかし、ストレージに関するニュースはこれだけではありません。他にも数多くのニュースがあり、この記事では、その一部について説明します。

 

これから発表する新機能のうち、最初に挙げる機能は、私が個人的に長い間待ち望んでいたもので、v8で最初のNFSクライアントを統合したときに (NetApp統合の一部として) 実現されるのではないかと思っていました。NFSユーザーは、長い間、仮想化の世界で、少なからず差別を受けているように感じています。バックアップ操作時にVDDK内のNFSストレージに直接アクセスしてデータを読み取ることができないということが、ブロック ストレージのユーザーに「嫉妬する」1つの理由であったことは間違いありません。過去数年間にVMwareバックアップで発生しているNFS固有の問題が解決されても、状況は変わっていません。しかし、v9でついに、Direct SAN処理モードとよく似た機能をNFSにも使用できるようになりました。社内では、この機能をDirect NFSと呼んでいます。これにより、vSphere 6で従来のNFS v3と新しいNFS 4.1の両方がサポートされ、新しいVeeamプロキシはすべて、新しい改善されたNFSクライアントを実行し、VMware vSphereにエクスポーズされるNFS共有に直接アクセスします。NFS共有によって使用可能な単一ファイルの詳細な可視性により、NFSユーザーは、NASアレイから直接VMをバックアップおよびレプリケートすることができ、アクティビティのためにハイパーバイザー レイヤーにまたがる必要がありません。この結果、バックアップは高速化され、運用ワークロードに対する負荷はさらに削減されます。

 

directNFS

 

次に説明する機能はNetApp固有です。v8でNetAppストレージ アレイのサポートを追加したとき、お客様に好評を博した機能の1つは、Veeamの既存のスケジュール機能を使用して、Veeamインターフェイスから直接、NetAppスナップショットのオーケストレーションを行い、SnapMirrorおよびSnapVaultコピーを作成する機能でした。ただし、適切なバックアップを行い、最適な可用性を確保するためにNetAppインフラストラクチャ外部に格納できるのは、プライマリ アレイをソースとして使用する場合に限られます。v9では、NetApp統合にさらに多くの機能が追加され、SnapMirrorおよびSnapVaultからのバックアップが可能になります。これらのNetApp固有の機能を活用することにより、ユーザーは、ローインパクトでストレージベースの (さらに必要に応じて、アプリケーション整合性のある) スナップショットを実行して、これらの復元ポイントを、SnapMirrorまたはSnapVaultを使用するセカンダリNetAppアレイにレプリケートした後、これらのセカンダリ ロケーションから、分離されたバックアップ ストレージに本当の意味でVMをバックアップすることができます。バックアップ操作は、プライマリ ストレージにまったく関係しないので、プライマリ ストレージは最大のパフォーマンスを維持することができます。セカンダリ アレイは、単にコピーの受動的なターゲットであるだけではなく、より有効に使用され、必要なI/Oはすべて、セカンダリ アレイから消費されます。

 

backup-from-snap

 

ストレージ スナップショットについて言えば、最後に説明する機能により、これらがさらに有効に使用されるようになります。これまで、ストレージ スナップショットからのバックアップVeeam Explorer™ for Storage Snapshotsは、ストレージレベルのスナップショットをバックアップおよびリストアに使用することができました。しかし、Veeamが実行できるジョブの種類は、これらだけではありません。例えば、仮想ラボを考えてください。これは、現在、バックアップからしかVMを実行することができません。仮想ラボは、ほとんどのユース ケースに必要不可欠ですが、On-Demand Sandbox™のユース ケースではパフォーマンスに制限があります。これを解決するために、v9では、On-Demand Sandbox for Storage Snapshotsを導入します。サポートされるアレイ (VMware vSphere上で実行されるHP、NetAppおよびEMC) で既存のストレージ スナップショットを使用することにより、テストやトラブルシューティングのために、数回のクリックだけで、運用環境のコピーを、完全に分離された場所に作成することができます。この技術のユース ケースは数多くありますが、ここでは、1つだけ取り上げます。つまり、わずか数分で、開発者向けに、複数VMの環境を新しく作成し、迅速なストレージ スナップショットを利用して、その環境を文字通り複数回クローン化して、異なるテスト環境を実現し、それらをフルI/Oパフォーマンスで稼働させることができるとすればどうでしょうか。また、最初にバックアップすることなく、これをストレージ アレイから直接実行できることを想像してみてください。もちろん、この新しい機能のユース ケースは、お客様によってそれぞれ異なります。

 

以上で、今回のストレージ関連のお知らせを終わります。この記事と、EMCストレージ アレイとの統合に関する前回の記事で、すべてのストレージ拡張機能が説明されたとお考えであれば、申し訳ありませんが、これは簡単な広告のようなもので、v9では、ここで説明しきれないほどのさまざまな機能が提供されます。

 

しかしながら、一日で、これだけのストレージ関連のニュースをお届けすれば十分ではないでしょうか。

GD Star Rating
loading...
Veeam Availability Suite — 無償評価版をダウンロードする

Luca Dell'Oca
Author: Luca Dell'Oca

Posted: 2015年7月1日