アプリケーションとデータを24時間365日利用可能な状態にしておくことは簡単なタスクではありません。企業のダウンタイムの年間平均コストは、最大で1,600万ドルになると推測され、このコストは増加し続けます。デジタル変革の時代に踏み込むほどに、CIOにとっては操作の簡素化、アベイラビリティの実現に向けた組織のSLAの達成と凌駕、そして仮想インフラストラクチャ機能とデータ保護製品機能の間の整合性の向上がさらに重要になってきました。

当社は、VMwareのESXi展開とVeeam Availabilityソリューションの間の共存関係はさまざまな効果が期待できると考えています。Veeamは、VMwareユーザーでもある当社のお客様が経験する影響やメリットへの理解を深めて、それらを証明したいと考え、85%がVMwareユーザーでもある当社製品のお客様を対象とした独自調査を、IDCを通じて実施しました。

IDCの調査から、VMwareと一緒にVeeamを導入したお客様は、VMwareのみを導入したお客様よりも高い満足度とSLAを実現していたことが明らかになりました。このデータからは、Veeam製品と同時にVMware製品を利用した場合の実際の復元時間は、Veeam製品を利用せずにVMware製品のみを使用した場合よりも2倍向上したことが分かりました。Veeam製品を使用した場合のRPOは、VMware製品のみを使用した復元時間よりも10倍も向上します。RTOとRPOの両方において、Veeamの顧客はSLA要件を達成するだけでなく、それを超えることができます。結論:VeeamとVMwareには明らかに相乗効果があることが実証されました。

また、この調査からは、Veeamを使用しているお客様は業界の平均よりも高い比率で仮想化技術を採用しており、Veeamを将来の仮想化の導入を後押しする技術を提供する企業と見なしていることが分かりました。現在、x86環境におけるさまざまな処理やデータのおよそ70%が仮想化されています。ただし、Veeam製品のお客様の場合、この割合は実際はもっと高くなります。データでは、Veeam製品のお客様の78%が75%以上仮想化されています(顧客の46.5%は90%以上仮想化)。さらに、ほぼ4分の3(73%)のお客様が、Veeamを将来の仮想化を牽引する企業と見なしています。

Veeam製品のお客様の80%近くは、自身の環境内での従来より利用していたバックアップ製品の使用をやめるまたは減らそうと計画しています。当社では、従来型のバックアップではもはや不十分と認識しており、当社のお客様も同意見だということが分かりました。

IDCの調査では、北米、ヨーロッパ、およびその他の地域のVeeamの顧客による全体で1,244の回答が使用されました。完全なレポートをダウンロードするには、次を参照してください。IDC Research:Veeamが仮想インフラストラクチャの採用とサービス・レベル・アグリーメントの達成を促進

GD Star Rating
loading...