>  よくある質問

よくある質問

Veeamのライセンス体系(全製品)

2つの方法を使用する Veeam®ライセンス ソフトウェア

  1. 管理対象サーバー(またはホスト)上のCPUソケットの数
    • 既定では、Veeam製品のライセンスは、管理対象サーバー(またはホスト)上のCPUソケット単位で供与されます。

      例 : デュアル プロセッサ、クアッド コアのESXiサーバーが4台の場合、8ソケット(= ホスト4台 × 2ソケット)分のライセンスが必要です。

  2. 管理対象のVMの数(Veeam Cloud & Service Provider Programのメンバーのみ)

Veeamのライセンス条件

Veeamは、さまざまなライセンス条件を提示しています。製品の出荷時期の詳細については、最寄りのVeeam ProPartnerにお問い合わせください。

永久ライセンス

ソフトウェア ライセンスおよび製品の使用期間に期限はありません。製品のアップデートおよびサポートを受け取るために、お客様の判断で、ソフトウェアの保守を年単位で更新できます。

サブスクリプション ライセンス

バージョン8のリリースに伴い、すべてのVeeamバックアップ製品(Veeam Availability Suite、Veeam Backup & Replication、およびVeeam Backup Essentials)を年単位のサブスクリプション ライセンスとして購入できるようになりました。この新しいライセンス モデルにより、初期費用を抑え、最小限の財政上のリスクで製品を購入することができます。

Veeamは、1年間、2年間、および3年間のサブスクリプション ライセンスを用意しています。それぞれ、24時間365日のプレミアム サポートが含まれます。ライセンス期間が満了した時点で、製品の使用およびサポートは終了します。この時点で、現行料率でサブスクリプション ライセンスを更新することも、またライセンスを新規に購入することもできます。

Veeam Management Pack およびVeeam ONE(スタンドアロンの場合)は、サブスクリプション ライセンスとして購入することはできません。

ホスティング レンタル

Veeam Cloud & Service Provider Programのメンバーは、月単位で製品をレンタルすることができます。1年間のコミットメントが必要になる場合があります。詳細については、ここをクリックして、VCSP Webサイトにアクセスしてください。

ライセンス全般に関するFAQ

サポート契約の更新方法は?

サポート契約を更新するには、更新のお見積り請求フォームに必要事項を入力してください。

ライセンスを別のエディションにアップグレードする方法は?

エディションの比較表で、各エディションに含まれる機能を確認してください。アップグレードするには、ここをクリックしてVeeamライセンシング ポータルにアクセスしてください。

ダウングレードできますか(例えば、Enterprise PlusからEnterprise)?

はい、エディションのダウングレードは可能です。エディションをダウングレードするためのペナルティまたは料金は必要ありません。ただし、次の点に注意してください。
- Veeamは、エディション間の価格に差額が生じた場合でも返金しません
- ダウングレード後にアップグレードする場合は、新たに購入する必要があります。
- 現行のサポート契約が満了した場合、保守の更新は、その時点で現行のエディション レートになります。
- エディションの変更によって、オリジナルのサポート契約の日付が変更されることはありません。
Veeamは、新ライセンス ファイルの作成のために上位エディションのライセンスを破棄した旨を示す、エンドユーザーの署名付き破棄証明書(LOD)を必要とします。エディションのダウングレードを請求するには、Veeam セールス担当者または最寄りのProPartnerにお問い合わせください。

ライセンスを受けったソケットを一方のハイパーバイザーから他方のハイパーバイザーに切り替えることはできますか?

はい。Veeamセールス担当者に連絡すれば、ライセンスを受けたソケットを一方のハイパーバイザーから他方のハイパーバイザーにいつでも切り替えることができます。切り替えを簡略化するために、両方のハイパーバイザーのライセンスを受ける合計ソケット数を含む一時ライセンス ファイルを無料で取得することができます。これにより、同一のバックアップ サーバー上に両方の環境を共存させることができます。このライセンス ファイルの有効期限は3ヶ月ですが、請求すれば延長することができます(ただし、ソケットが多数の環境のみ)。一時ライセンスには、有効期間中の両方のハイパーバイザーに関するテクニカル サポートが無料で含まれます。
ご注意:Veeamオンライン ストアを通じてライセンスを購入されたお客様は、ハイパーバイザー間の切り替えを行うことができません。

各ハイパーバイザーのライセンスを受けたソケットは、同一のプール内で追跡されますか?

いいえ。ライセンス ファイルには、ハイパーバイザーごとに専用のソケット カウントが含まれています。

ソケット価格は、ハイパーバイザーによって異なりますか?

いいえ。価格は、ハイパーバイザーに関係なく同一です。

サービス プロバイダーの場合、自分のVeeamライセンスを使用して客先のVMを管理できますか?

Veeamホスティング ライセンスまたはCloud Providerライセンスを購入している場合に限られます。自分のライセンスが適切であるかを確認するには、Veeamセールス担当者にお問い合わせください。

特別価格のライセンス

  • 「公共機関」用価格は、選択された地域内の資格を有する政府機関(すべてのレベル)および非営利(NFP)機関のエンドユーザーを対象とします。これらのSKUは、"P-"で始まります。
  • 「パートナー社内使用」価格は、認定されたVeeam ProPartnerが社内で使用する場合のみを対象とした価格で、Veeam ProPartnerがサービスの提供、サードパーティの処理、再販のために使用する場合は対象になりません。MSRPとして示された価格は、再販用ではありません。これらのSKUは、"I-"で始まります。
  • 「教育」用価格は、選択された地域内の資格を有する教育機関のエンドユーザーを対象とします。これらのSKUは、"E-"で始まります。
  • 「ホスティングまたはCloud Providerのみ」は、Veeam Cloud & Service Providerプログラムのメンバー用です。これらのSKUは、"H-"で始まります。詳細については、ここをクリックして、VCSP Webサイトにアクセスしてください。

保守の詳細については、ここをクリックして、Veeamのサポート ガイドを参照してください。また、ライセンスの詳細については、ここをクリックして、VeeamのEULAを参照してください。

用語と定義

ソケットまたはCPUソケットとは、物理サーバー上のマイクロプロセッサと回路基板の間の物理コネクターのことで、通常、ソケットの数とプロセッサの数は同じです。

仮想マシン(VM)とは、ハイパーバイザー(Hyper-V、vSphereなど)内の動作環境(オペレーティング システムを含む場合と含まない場合があります)のことで、ディスク、プロセッサ、メモリ、ネットワークのリソース、およびその他の仮想リソースで構成され、物理コンピューター デバイスの機能のレプリケートまたは実行することにより、シミュレートします。

管理対象サーバーとは、Veeamのソフトウェア製品で管理される仮想マシンをホストする、または含む物理サーバーのことです。

この他にご不明な点があれば、

各製品のFAQを参照してください。また、製品のライブ デモのいずれかに参加するか、Veeamセールス担当者にお問い合わせください。