https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvZmFxLmh0bWwiLCJoYXNoIjoiNjFhOWUwZjctMzc4YS00NWFlLTkwYWEtZDVlYjJiNDRiYTc2In0

よくある質問

Veeamのライセンス体系(全製品)

Veeam®は、お客様が関心をお持ちの特定の製品やユースケースに応じて、様々なライセンスをご用意しており、保護対象のワークロードの数や管理対象サーバー台数やホスト上のCPUソケット数によって必要なライセンス数が決まるライセンスもありますし、ユーザー数、インスタンス数、パーティションによって必要なライセンス数が計算されるライセンスもあります。VULは、様々な製品やワークロード間での移行できますし、いくつかの特定の製品の専用ライセンスでもあります。

Veeamユニバーサルライセンスに関するFAQ

Veeamでは、ライセンスをお客様にとってできるだけシンプルで柔軟な形でご提供できるように、様々なライセンスをご用意しています。Veeamユニバーサルライセンス(VUL)は、最も柔軟で優れたライセンスです。各種ライセンスの詳細については、上記のライセンスポリシーをご覧ください。よくあるご質問は以下に掲載します。
ユニバーサルライセンスにはどのような利点がありますか?

ポータビリティを基盤とするマルチクラウド環境やハイブリッド環境へ市場がシフトしていく傾向が高まるにつれて、サブスクリプションタイプのライセンス形態がの需要が増えてきました。Veeamはお客様に対して、より多くの製品をポータブルライセンス・モデルで提供することを約束しました。このモデルではお客様に以下のようなメリットがあります。

  • ユニバーサルポータビリティ:ライセンスを複数のVeeam製品やワークロードで相互に利用可能。
  • シンプル化:ライセンスの発注、管理、機能の連携が容易に。
  • メリットの向上:ワークロード単位でより多くの機能をより低料金で利用可能。特定のワークロードのライセンスにロックインされるリスクがなく、必要に応じて購入。
  • 予測可能な料金:複数年契約を固定料金で購入する前払い制か、または従量課金制で支払い。
  • 従量制:現時点で必要最低限を購入し、更新時に必要に応じて増減。
  • ロックインなし:ご満足いただけなけなければサブスクリプションの更新はお考えいただけます。
  • サポート込み:ライセンス期間中は追加料金なしで24時間365日のプロダクションサポートを利用可能(ベーシックサポートが含まれるVeeam Backup Starterを除く)。
Veeamユニバーサルライセンス(VUL)モデルについて教えてください。

VULは、汎用的にご利用いただけるサブスクリプションモデルです。ユーザーにポータビリティを提供するため、追加のクラウド料金なしで、さらに簡単にクラウド環境やハイブリッド環境に移行することができます。

VULライセンスは定められた期間で販売されます。1年~5年契約では前払い、3年契約では年単位のお支払いをご利用いただけます。これらのライセンスは、様々なVeeam製品やワークロードタイプで相互に使用できます。このライセンスには、従量課金制ライセンスの全てのメリット(初期費用の抑制、ロックインなし、クラウドに適したOpEx予算モデルを使用した従量課金)が含まれています。

また、VULには、従来のサブスクリプションとは異なるさらに多くのメリットもあります。ライセンスを個別の製品ごと、または特定のワークロードタイプに限定して購入する必要はありません。この新しいモデルでは、様々な製品や機能をすぐに使用できます。お気づきのとおり、サブスクリプションライセンスは、仮想、物理、クラウドの複数の製品やワークロードで使用できるため、必要のないライセンスタイプや製品に縛られることはないのです。Veeamではこれを「ポータビリティ」と呼んでいます。

必要なものを、必要なときにご利用いただけます。ライセンスポータビリティにより、発注やライセンス管理も容易になり、製品やワークロードタイプごとに異なるSKUを管理する複雑さが軽減されます。

VULとVeeamインスタンスライセンス(VIL)の違いは何ですか?
VULは、前バージョンのVeeamインスタンスライセンス(VIL)に比べて、よりシンプルでポータブルかつ簡単にご利用いただけます。VULは全ての機能を搭載したバージョンで一種のライセンスプールとして販売されるため、複雑なインスタンス数の計算も必要ありません。VULでは、1つのライセンスで1つのワークロードが保護できます。2019年10月1日より、VULはVeeamのサブスクリプションライセンス、既存のサブスクリプションをご利用のお客様は、Veeam製品のv10のインストール時にVULにアップグレードされます。
ワークロードとは何ですか?また、VULライセンスは何ライセンス必要ですか?

ワークロードとは、VM、物理サーバー、エンタープライズアプリケーション、クラウドVM、ファイル共有を意味します。VULはワークロードからワークロードへ移行できるので、お客様はVULであらゆるワークロードを柔軟に保護できます。VULをご購入する際の最低購入単位は10ライセンスです。

通常。必要なライセンス数は、保護対象のワークロードの台数と同数になります。ほとんどのワークロードで必要なライセンス数はワークロード1台につき1ライセンスです。ただし、ワークステーションやエンドポイントなどを保護する場合は例外で、ワークステーションであれば1ライセンスで3台分を保護できますし、NASであれば1ライセンスで容量250 GBまで保護できます(容量が1TBであれば4ライセンスを消費します)。必要なライセンス数を確認するには、VULコンフィギュレータをお勧めします。保護したいワークロードの数とサブスクリプション期間を設定して、製品を選択すると、必要なライセンス数が表示されます。

VULライセンスの最低購入数は10ライセンスです。最低購入数(10ライセンス)が多すぎる場合は、機能制限はありますが、10ライセンス分のワークロードを無償で保護できるVeeam Backup & Replication Community Editionをお試しください。

VULはどうすれば購入できますか?また、対象期間はどれくらいですか?

VULは、様々なワークロードを保護するために使用します。一部のワークロードではVULが必要になるため、以下を購入する必要があります。

商用およびエンタープライズ

  • Veeam Availability Suite™ VUL:クラウド、仮想、物理ワークロードのバックアップと監視
  • Veeam Backup & Replication VUL:クラウド、仮想、物理ワークロードのバックアップ

中小企業

  • Veeam Backup Essentials VUL:クラウド、仮想、物理ワークロードのバックアップと監視(ワークロード50個まで)
  • Veeam Backup Starter VUL:クラウド、仮想、物理ワークロードのバックアップ(ワークロード20個まで、ベーシックサポートのみ)

お客様には最低購入数の10ライセンス単位でVULライセンスをご購入いただきます。1年~5年のオプションから、ニーズに最適な期間と支払いスケジュールをお選びいただけます。前払いまたは年単位でのお支払いとなります。年単位でのお支払いは3年契約でのみご利用いただけます。ライセンス期間後も継続してサブスクリプションを使用する場合は、満了時にライセンスを更新していただく必要があります。ベーシックサポートが含まれるStarterを除く全てのライセンスに、24時間365日のプロダクションサポートが付帯します。

VULは何に適用できますか?

VULは、様々な用途での利用が可能で、用途はさらに増え続けています。これらのライセンスは、事実上ほとんどのワークロードタイプにご利用いただけます。たとえば、VMとクラウドベースのVM、物理サーバーとワークステーション、エンタープライズアプリケーション・プラグインなどです。下のリストに、現在使用可能なワークロードのタイプを示します。

  • VM(VMware vSphere、Hyper-V、Nutanix AHV):Veeam Backup & Replication
  • 物理サーバーとワークステーション:Veeam Agent for Microsoft Windows & Linux
  • クラウドネイティブのワークロード:Veeam Backup for AWSVeeam Agent for Microsoft Windows & Linux
  • エンタープライズアプリケーションのサポート(Oracle RMANおよびSAP HANA):Veeam Backup & ReplicationエンタープライズプラグインまたはVeeam Agent for Microsoft Windows & Linux
  • NASファイル共有:Veeam Backup & Replication
  • 監視:Veeam ONE™(Veeam Availability SuiteまたはVeeam Backup Essentialsの一部として販売)
まだVULが利用できない製品はありますか?

現時点で、移行可能なサブスクリプションライセンスではなく、個別のサブスクリプションライセンスを使用して販売されているのは、以下の製品となります。

  • Veeam Agent for IBM AIX & Oracle Solaris(2020年にVULに対応)
  • Veeam Management Pack™(MP)for System Center
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365
  • Veeam Availability Orchestrator
Veeam Agent、VBR Nutanix AHVバックアッププロキシVeeam Availability Orchestrator、Veeam Backup for Microsoft Office 365で使えるソケット・ライセンスはありますか?
いいえ。これらの製品はソケット単位のライセンスでは利用できません。
VULはVeeam Backup for AWSのクラウドのワークロードに使用できますか?
Veeam Backup for AWSで既存のVULを使用する場合は、営業担当に連絡するか、ライセンスのサポートチケットをオープンしてください。
VUL(ワークロード単位)と永久ライセンス(ソケット単位)の両方を利用することはできますか?

VULと永久ライセンスの両方を使用する一元管理された環境をご利用いただけます。ただし、全ての製品を無制限に組み合わせることはできません(統合可能なVUL製品と永久ライセンス製品のリストはこちらをご覧ください)。たとえば、ソケット単位の永久ライセンスでVMware vSphereやMicrosoft Hyper-VのVMを保護している場合、その環境では全てのvSphere/Hyper-V VMを永久ライセンスで保護する必要があります。VULはVM以外のあらゆるタイプのワークロードに使用できます。

重要事項:ソケット単位の永久ライセンスとVULを統合する場合、統合された環境全体のエディションと機能は永久ライセンスのエディションによって決まることにご注意ください。たとえば、Veeam Availability Suite Enterpriseエディションの永久ライセンスをVeeam Availability Suite VUL(Enterprise Plusの機能)と統合した場合、その環境のエディションはEnterprise Editionに統一されます。Enterprise Plus Editionの機能を全て利用できるようにするには、a)永久ライセンスをVULライセンスに移行するか、b)永久ライセンスをご希望のエディション(Enterprise Plus Editionなど)にアップグレードする必要があります。

ライセンスファイルを統合するにはどうすればよいですか?
お客様が一元管理の環境をご希望の場合は、ライセンスファイルの統合が必要になる場合があります。永久ライセンスとVULの両方で、保守が最新の状態であることが要件になります。何かお困りのことがございましたら、Veeamサポートにお問い合わせください。
現在、一元管理のためにライセンスを統合できる製品はどれですか?

Veeam Availability Suiteは、ソケット単位ライセンスとユニバーサルライセンスを1つの一元管理された環境に統合できます。

Veeam Backup & Replicationも、ソケット単位ライセンスとユニバーサルライセンスを1つの一元管理された環境に統合できます。

ただし、Veeam Backup Essentialsではソケット単位ライセンスとユニバーサルライセンスを統合することはできませんが、次の2つのオプションがあります。

  • Veeam Backup EssentialsのソケットをVeeam Availability Suite VULと統合できます。
  • Veeam Backup EssentialsのソケットとユニバーサルライセンスをVeeam Availability Suiteにアップグレードして、一元管理およびライセンス統合を実現できます。
ライセンスファイルを更新するにはどうすればよいですか?

移行作業は、Veeam Backup & ReplicationのUI上かカスタマーポータルの[My Account]上で行います。Veeam Backup & Replication 10へアップグレードすると、同時にライセンスファイルも更新されます。現在保有しているライセンスの中に永久ライセンスやエージェントサーバーライセンスやワークステーションライセンスが含まれているお客様も対象になります。

[My Account]で[Get New Licenses]ボタンをクリックします。移行したい製品を選択し、[download]をクリックすれば完了です。

Veeam Agent for Microsoft Windows & Linuxはどのように監視できますか?

Veeam Availability Suite VULをご購入ください。Veeam Availability Suiteは、仮想、物理、クラウドのワークロードのためのVeeam Backup & Replicationのデータ保護と、Veeam ONEの監視および分析機能の両方を1つのスイートで提供します。Veeam Agent for Microsoft Windows & Linuxは、Veeam Backup & Replication内のモジュールとなりました。

たとえば、VULでは、5つのVMと5つのサーバーエージェントに対して合計10個のライセンスで保護および監視を行うことができます。お客様に監視のための追加のライセンス料金を請求することはありません。

従来の永久ライセンスの製品契約から、全ての機能を備えたポータブルなVULライセンスに移行するにはどうすればいいですか?
ソケットベースの永久ライセンスからVULサブスクリプションライセンスには、移行SKUをご購入いただくことで移行することができます。移行SKUを購入すると、永久ライセンスのサポート期間が1年から2年に延長され、契約がソケット単位の永久ライセンスからVULサブスクリプションに変更されます(Enterprise Plusの機能とプロダクションサポートを含む。Starterパッケージを除く)。移行の料金は、ご利用いただいている永久ライセンスソケットの、プロダクションレベルのサポートに対する年間保守更新料(1~2年)の価格に設定されています。永久ライセンスモデルからサブスクリプションへの移行は、ご契約における全ソケット数に対して行う必要があります。指定の移行SKUを使用せずに、新しいVULサブスクリプションライセンスを購入してソケット単位の永久ライセンスと替えることは許可されていません。移行が完了すると、その後のお見積もりは全てVULサブスクリプションの価格で計算されます。移行の詳細については、Veeam保守更新チームまでお問い合わせください。
VULに移行する必要がありますか?
いいえ。VULに移行する必要はありません。VMware vSphereまたはMicrosoft Hyper-Vのオンプレミスのワークロードを保護する必要があるお客様は、ソケット単位の永久ライセンスもお選びおいただけます。NASファイル共有、クラウドワークロード、Veeam Agentサーバーまたはワークステーションなどの特定のワークロードを保護するには、VULが必要です。
ソケット単位のライセンスを持っていても、VULサブスクリプションライセンスを試すことはできますか?
Veeam Availability Suite、Veeam Backup & Replication、Veeam Backup Essentialsのソケット単位の永久ライセンスをお持ちのお客様には、永久ライセンスを1ソケットご購入ごとにVULを1ライセンス、最大で6ライセンス分を無償でお試しいただけます。このVULではVeeam Agent for Microsoft Windows & LinuxOracle RMANSAP HANA向けのエンタープライズプラグイン、クラウドワークロード、NASファイル共有などを保護する機能を全てお試しいただけます。画面上では以下のように表示され、有効期限もありません。
サブスクリプション契約を継続するにはどうすればよいですか?
VULでVeeam製品のご使用し続けるには、現在の契約が満了する前に、VULを更新してください。お見積もりをご希望のお客様は、こちらからVeeamチームまでご連絡ください。
同一の一元管理コンソールに、ソケットライセンスとVULライセンスの両方がある場合、利用できるエディションの機能やサポートレベルはどちらになりますか?
ソケットとVULの両方が一元管理されている場合、製品エディションの機能セットと統合環境全体のサポートレベルは、ソケット・ライセンスキーによって定義されます。ライセンスポリシーの2.4項および2.5項を参照してください。

ご不明な点がある場合

右側のナビゲーションペインから製品別のFAQをご参照ください。または、ライブ製品デモをご覧になるか、Veeam担当営業までお問い合わせください。